トップページ > iOS > iOS13のシェア、公開1週間で20%を超える
2019年9月27日 13時28分

読了まで 27

iOS13のシェア、公開1週間で20%を超える

Apple WWDC19 iOS 13
 
現地時間9月19日(日本では20日)に公開されたiOS13のシェアが20%を超えたことが分かりました。iOS12を上回るペースでインストールされています。

iPadを含まないシェアで20%超え

調査会社Mixpanelは、独自に集計したiOSのバージョン別シェアを公開しました。
 
iOS13が公開されてちょうど1週間となる現地時間9月26日午後5時の時点で、iOS13のバージョン別シェアは20.90%となっています。
 
Mixpanel iOS13 普及率
 
Mixpanelのデータによると、iOS12の公開後1週間でのシェアは19.14%でした。
 
iPadユーザーはiPadOS 13.1のリリースまでアップデートできなかったため、iPadユーザーが含まれないこと、iOS13のバグを避けるためにiOS13.1の公開を待っていたユーザーもいることを考慮すると、iOS13の普及ペースは順調と言えそうです。
 
iPhoneなどのデバイスには通常、iOSの新バージョン公開から約10日後にiOSのバージョンアップを促す通知が表示されます。この通知を見てからアップデートするユーザーも多いため、iOS13のシェアは今後、さらに高まることが見込まれます。

Appleによるシェア公開は10月下旬以降か

Appleは、iOSのバージョン別シェアを開発者向けに公開していますが、新バージョンのシェアを公開するのは通常、公開から1カ月〜2カ月経過後です。
 
Appleが最近公開した、iOSのバージョン別シェアは現地時間8月6日時点のデータで、iOS12のシェアは全デバイスで88%、直近4年間に発売されたデバイスで90%に達していました。

多くの新機能が追加されたiOS13

iOS13とiPadOSでは、システム全体の画面表示を暗くするダークモードが利用可能になったほか、Apple Musicの歌詞をリアルタイム表示可能になるなど、多くの新機能が追加されています。
 
また、アクセシビリティ機能として有線マウスやBluetoothマウスを接続して操作することも可能となっています。
 
 
Source:Mixpanel via 9to5Mac
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる