トップページ > iPhoneの使い方 > iOS13新機能・変更 > 【iPadOS】iPadにBluetoothマウスを接続する方法
2019年9月27日 01時31分

読了まで 254

【iPadOS】iPadにBluetoothマウスを接続する方法

iPadOS 13.1 Bluetoothマウス hato
 
iPadOS 13.1では、Bluetoothマウスを接続して利用することが可能になりました。iPad Air(第3世代)にBluetoothマウスを接続してみたのでレポートします。iPhoneにも接続できました。

iPadOS 13.1でマウスが利用可能に!

iPadOS 13.1では、iPadで有線マウスBluetoothマウスが利用可能であることが、ベータで発見され、話題になっていました。
 
筆者は、軽くて持ち運びに便利そうなLogicoolのBluetoothマウス「Pebble M350」を買って、iPadに接続してみました。Bluetoothマウスは、手頃なものなら2,000円〜3,000円程度で購入できます。

マウス接続は「アクセシビリティ」メニューから!

iPadの「設定」アプリから「アクセシビリティ」メニューにある「タッチ」を開きます。
 
iPadOS Bluetooth マウス
 
「AssistiveTouch」を開き、オン(緑)にします。
 
iPadOS Bluetooth マウス
 
「ポインティングデバイス」メニュー内の「デバイス」を開きます。
 
iPadOS Bluetooth マウス
 
「Bluetoothデバイス」を開きます。
 
iPadOS Bluetooth マウス
 
この画面では、以下のメッセージが表示されています。
 

Bluetoothおよびジョイスティックなどの支援用USBポインティングデバイスが使用できるようになります。Magic MouseまたはMagic TrackpadはBluetooth接続には対応していません

 
iPadOS Bluetooth マウス
 
電源がオンで、ペアリング待機状態のBluetoothマウスを認識するので、選択するとペアリングが要求されます。
 
この方法でBluetoothマウスが検出されない場合、「設定」アプリ直下の「Bluetooth」メニューからペアリングして、「アクセシビリティ」メニューから登録することもできます。

マウスのボタンに多くの操作を割り当て可能

接続が完了したら、マウスの動きに合わせて円形のカーソルマークが動き、マウスで画面をスクロール可能になっています。
 
「デバイス」メニューから、ペアリングしたマウスを選択すると、マウスのボタンに割り当てる操作を選択できます。
 
iPadOS Bluetooth マウス
 
「シングルタップ」や「長押し」などの基本操作が割り当て可能です。また登録しておいたSiriショートカットを呼び出すこともできます。
 
iPadOS Bluetooth マウス
 

マウスポインタのサイズや色もカスタマイズ可能

「ポインティングデバイス」メニューの「オンスクリーンキーボード表示」をオフ(白)にしておけば、マウスが接続されている時にAssistiveTouchのメニューを非表示にしておくことができます。
 
iPadOS Bluetooth マウス
 
「ポインティングデバイス」メニューの「ポインタのスタイル」からは、マウスポインタのサイズ(10段階)、カラー(7色)、操作しない状態が続いたら非表示になるまでの時間も選択できます。
 
iPadOS Bluetooth マウス
 

iPhoneでも接続可能、Bluetoothキーボードとの同時接続も

iPadOS 13.1と同様、iOS13.1をインストールしたiPhoneでも、同様の手順でBluetoothマウスを接続することができました。
 
iPadにしてもiPhoneにしても、マウス操作に合わせてカーソルが動き、マウスのスクロールホイールでWebページをスクロール操作できるのは、かなり不思議な感覚です。
 
さらに、Bluetoothキーボードも同時接続すれば、iPadやiPhoneがMacBookになったような操作感を味わうことができますので、興味のある方は試してみてください。
 
 
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる