トップページ > iPhone11 Pro > プロ写真家、iPhone11 Proの暗所撮影と超広角カメラを高く評価
2019年9月19日 12時48分

読了まで 231

プロ写真家、iPhone11 Proの暗所撮影と超広角カメラを高く評価

iPhone11 Pro Austin Mann
 
9月20日の発売を前に、iPhone11 Proで撮影した作品をフォトグラファーが公開し、そのカメラ性能、特にナイトモードを高く評価するとともに、改善点も提案しています。

トラベルフォトグラファーによるiPhone11 Pro写真

Appleは、9月20日にiPhone11、iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxが発売されるのを前に、ジャーナリストのほか、映像クリエイター、フォトグラファーらにもデモ機を提供しています。
 
昨年、iPhone XSの発売前に作品を公開したトラベルフォトグラファーのオースティン・マン氏が、iPhone11 Proで撮影した写真を公開しています。

芸術的印象を大切にしたナイトモード

マン氏は、iPhone11、iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxで利用可能になるナイトモードについて「単純に明るく見せるのではなく、芸術的印象に配慮しながら、技術的課題を解決しているのが素晴らしい」と高く評価しています。
 
同氏は、iPhone XSとiPhone11 Proのナイトモードで撮影した未加工の写真を並べて比較しています。
 
何が写っているのか分からないiPhone XSの写真に対し、iPhone11 Proはそびえ立つ山と、水面に映る街明かりを捉えており、周囲の静けさも伝わってくるようです。
 
iPhone11 Pro Austin Mann
 
劇場で撮影された写真は、iPhone XSだと真っ黒だった客席が、iPhone11 Proでは観客の表情が読み取れるほどです。
 
iPhone11 Pro Austin Mann
 
iPhone XSは、初期のスマートHDRには画像処理の問題により、肌の質感が平坦になってしまう不具合がありました(その後、ソフトウェアアップデートで解決)。
 
iPhone11 Proでは、インカメラでの暗所撮影でも、肌の質感がしっかり撮影されています。
 
iPhone11 Pro Austin Mann
 

超広角カメラは「最も興味深い機能」

オースティン・マン氏は、iPhone11 Proで新たに装備された超広角カメラについて、広角撮影でフレームの外に映った人物をソフトウェアが検知して、撮影後に構図を変更できる新機能を「最も興味深い機能」と称賛しています。
 
その一方、超広角カメラでの撮影については、以下のスクリーンショットのように、広角カメラで撮影している間、超広角カメラで捉えている画像がプレビュー表示されることで、実際に撮影されるフレームがわかりにくくなる、と改善を希望しています。
 
iPhone11 Pro Austin Mann
 
 
Source: Austin Mann via 9to5Mac
(hato)

 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる