トップページ > iPhone > iPhone11シリーズのバッテリー容量が中国認証機関の文書から判明
2019年9月18日 17時23分

読了まで 25

iPhone11シリーズのバッテリー容量が中国認証機関の文書から判明

Apple iPhone11/iPhone11 Pro/iPhone11 Pro Max
 
9月13日より予約受付が開始されたiPhone11シリーズは、いずれもバッテリーの持続時間が前年に発売されたモデルよりも延長されているとAppleは説明しています。中国の認証機関TENAAの文書から、各モデルのバッテリー容量が明らかになりました。

各モデルのバッテリー容量

米メディア9to5Macが入手、公開しているTENAAの文書によれば、iPhone11、iPhone11 Pro、iPhone 11 Pro Maxのバッテリー容量は以下の通りです。比較のため、iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Maxのバッテリー容量も記します。
 

モデル名 バッテリー容量
iPhone11 3,110mAh
iPhone XR 2,942mAh
iPhone11 Pro 3,046mAh
iPhone XS 2,658mAh
iPhone11 Pro Max 3,969mAh
iPhone XS Max 3,174mAh

 

 

iPhone11シリーズは全モデルが4GB RAM搭載か

Appleは現地時間9月10日に開催したスペシャルイベントにおいて、iPhone11のバッテリー持続時間はiPhone XRよりも最大1時間、iPhone11 ProはiPhone XSよりも最大4時間、iPhone11 Pro MaxはiPhone XS Maxよりも最大5時間長いと説明しています。
 
また9to5MacはTENAAの文書から、iPhone11シリーズは全モデルが4GBのRAMを搭載しているようだとも述べています。

 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)

 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる