トップページ > Apple Watch > 次期Apple Watchは手首で認証、バンド自動締め付け?Appleが特許取得
2019年9月4日 19時04分

読了まで 224

次期Apple Watchは手首で認証、バンド自動締め付け?Appleが特許取得

Apple Watch Series 4
Appleが、Apple Watchのバンドを使ったユーザー認証、小型ディスプレイ内蔵バンド、バンドの自動締め付け技術に関する特許を3つ同時に取得しました。次期iPhoneと一緒に発表される次期Apple Watchに採用される可能性もあります。

Apple Watchに関する特許を3つ取得

Appleが現地時間9月3日に取得した特許のうち、注目すべきApple Watchに関する3つの特許について、Appleの特許情報に詳しいPatently Appleがまとめています。
 
なお、Appleは同日、次期iPhoneに搭載が噂される端末間ワイヤレス充電技術の特許も取得しています。

 

1. 皮膚によるユーザー認証

Appleが取得した特許の1つめは、Apple Watchのバンドに内蔵したセンサーを使って、手首の皮膚表面の状態でユーザー認証をする技術の特許です。この技術が実用化されれば、Apple Watchを装着するだけでロック解除可能になります。
 
Appleが2018年に提出した特許申請書には、皮膚表面の温度と、体毛の温度差の組み合わせを赤外線イメージセンサーで読み取る方法について記されています。
 
Apple Watch 特許 Patently Apple
 

2. ディスプレイ付きApple Watchバンド

2つめは、Apple Watchのバンドに内蔵する小型ディスプレイについての特許です。
 
Appleが2016年に提出した特許申請書には、Apple Watchと通信し、アクティビティの進捗状況や、心拍数などの情報を表示する方法が記載されています。
 
Apple Watch 特許 Patently Apple
 

3. 自動締め付けバンド

3つめは、Apple Watchのバンドの締め付けを自動調節する技術の特許です。
 
ワークアウトの時などは、バンドをしっかり締めて心拍数を正確に計測し、普段は窮屈に感じない装着感に自動で戻すための複数の方法が記されています。
 
Appleはこの特許を、初代Apple Watchの発売された直後の2015年春に申請しています。
 
Apple Watch 特許 Patently Apple
 

「Apple Watch Series 5」、次期iPhoneと一緒に発表か

「Apple Watch Series 5」と見込まれる次期Apple Watchは、次期iPhoneと一緒に現地時間9月10日のスペシャルイベントで発表されると予測されています。
 
これまで次期Apple Watchについての情報が少なかったのですが、最近になってチタン製とセラミック製のモデルの追加睡眠トラッキング機能の導入、および学生が授業に集中するための「スクールタイム」モードの追加などの情報が相次いで報じられています。
 
 
Source:Patently Apple
(hato)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる