「iPhone11」に搭載?Apple、端末間ワイヤレス充電技術の特許を取得!

    Apple 特許 端末間 ワイヤレス充電 USPTO Fig17

    Apple 特許 端末間 ワイヤレス充電 USPTO Fig17
     
    Appleが、端末間ワイヤレス充電技術の特許を取得しました。この技術は、「iPhone11」と噂される次期iPhoneに搭載されるのではないかと予測されています。

    iPhoneからApple WatchやAirPodsを充電可能に

    Appleが現地時間9月3日に、端末間ワイヤレス充電技術に関する特許を取得したことが米特許商標庁の公開している書類から判明した、と特許情報に詳しいメディアPatenely Appleが報じています。
     
    Appleはこの特許を2016年3月に最初に申請し、その後、内容の補足をしています。
     
    Apple 特許 端末間 ワイヤレス充電 USPTO Fig20
     
    特許申請書類には、MacBookからiPhoneやApple Watchを充電する図が添えられているほか、MacBook、iPad、iPhone、Apple Watchを重ねた図も掲載されています。

    「iPhone11」ではAppleマークがワイヤレス充電の目印に?

    現地時間9月10日のイベントで発表が見込まれる次期iPhoneには、iPhoneからAirPodsの充電ケースなどにワイヤレス充電できる技術が搭載される、との予測を、Apple関連情報に詳しいアナリストのミンチー・クオ氏が2019年2月に発表しています。クオ氏は、4月にも同様の予測を発表していることから、情報への自信がうかがえます。
     
    また、四角形の枠にトリプルカメラを搭載する次期iPhoneでは、Appleロゴの位置が本体中心へと移動するとの情報もあります。これは、デザインのバランスを取る目的に加えて、Appleロゴをワイヤレス充電の目印として機能させるためではないか、とも推測されています。
     
    iPhone11 Appleロゴが中心 Twitter/BenGeskin
     
     
    Source:Patenely Apple
    Photo:USPTO, @BenGeskin/Twitter

    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次