トップページ > 最新情報 > 米Apple、一部ユーザーに「Apple Card」を案内、8月中には全米展開
2019年8月7日 00時41分

読了まで 210

米Apple、一部ユーザーに「Apple Card」を案内、8月中には全米展開

Apple Apple Card
 
米Appleは現地時間8月6日、Goldman Sachsと提携して発行するクレジットカード「Apple Card」の案内を一部のユーザーに発送しました。

8月中には全米でサービス開始

Apple Cardは、3月のイベントで発表されたクレジットカードサービスで、ユーザーのプライバシーを重視したサービスが特徴です。7月末の業績発表で8月のサービス開始が予告され、最近は設定ガイドページユーザー向けの取引約諾書が公開されていました。
 
The VergeやTechCrunchなどによると、Appleは一部ユーザーに対して、Apple Cardの案内を送付しており、8月中にはアメリカの全ユーザーが利用可能になるとのことです。
 
Apple Apple Card
 
AppleのWebサイトには、Apple Cardが申し込み可能になったら通知を受け取れるよう、Apple IDに使っているメールアドレスの入力欄も設置されています。

Walletアプリから簡単に申し込み

Apple Cardの申し込みは、iOS12.4以降がインストールされたiOS端末のWalletアプリで行います。
 
個人間送金サービス「Apple Pay Cash」を使っていれば、入力するのは氏名、生年月日、メールアドレス、電話番号だけで、短時間で審査が完了します。
 
Appleは、Apple Payが利用できない店舗での決済用に、チタン製のApple Cardも用意しています。
 
チタン製Apple Cardを手にした感想についてThe Vergeは「一般的な金属製カードよりも分厚く、やや重く感じられる」と語っています。

日本でも「Apple Card」の商標出願

Apple Cardは、アメリカで最初にサービスが開始されており、その他の国でのサービス開始時期は明らかにされていません。
 
カナダや欧州連合(EU)、中国などで「Apple Card」の商標登録が行われていることから、いずれアメリカ以外の国々にも展開すると考えられます。
 
最近、日本でも「Apple Card」の商標登録が出願されたことが分かっています。
 
 
Source:The Verge, TechCrunch, 9to5Mac
Photo:Apple
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる