Apple、macOS Catalinaベータ5を開発者向けにリリース

    Apple macOS Catalina Preview

    Apple macOS Catalina Preview
     
    Appleは現地時間7月31日、開発者向けにmacOS Catalinaベータ5をリリースしました。一般ユーザー向け正式版の公開は9月になると予想されます。

    ベータ4から約2週間でのリリース

    macOS Catalinaベータ5は、現地時間7月16日のベータ4から約2週間でのリリースとなりました。
     
    macOS Catalinaベータ5のリリースノートでは、ベータ4にあった「2019年モデルMacBook Airがサポート対象外」との記載が消えています。
     
    Appleは、7月29日にiOS13、iPadOS、tvOS 13のベータ5を、7月30日にはiOS13とiPadOSのパブリックベータ4とwatchOS 6のベータ5をそれぞれ公開しています。
     
    各OSは、例年なら9月の新型iPhone発表イベントにあわせて一般向け正式版が公開されます。

    iPadをサブディスプレイとして利用可能に

    macOS Catalinaでは、iTunesがミュージック、Apple TV、Apple Podcastの3つのアプリに分割されます。
     
    macOS Catalina WWDC 19 Apple
     
    また、iPadをMacのサブディスプレイとして利用できるようになるほか、MacやiPhoneを紛失した場合、匿名化されたBluetooth信号のやり取りで場所を特定できる「Find My」アプリが提供されます。

     
     
    Source:Apple, 9to5Mac
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次