トップページ > iOS > iPadがMacのサブディスプレイになる「Sidecar」、対応機種と使い方
2019年7月2日 08時24分

読了まで 316

iPadがMacのサブディスプレイになる「Sidecar」、対応機種と使い方

Sidecar MacRumors
 
今秋、正式版が公開予定のmacOS CatalinaとiPadOSでは、iPadをMacのサブディスプレイとして使うことができる新機能「Sidecar」が利用可能となります。MacとiPadの対応モデルや使い方をご紹介します。

iPadがMacのサブディスプレイになるSidecar、対応機種は

Sidecar」を使うと、Macの画面領域を広く使えるだけでなく、例えばMac用アプリで扱っている写真をiPadとApple Pencilを使って細かく編集するような作業も可能となります。
 
Sidecar MacRumors
 
Appleは、Sidecarが使えるMacやiPadの機種のリストを現時点では公開していませんが、著名開発者のスティーブ・トラウトン-スミス氏が、Sidecarに対応するMacのリストを公開しています。
 

  • iMac 27インチ(Late 2015 以降)
  • MacBook Pro(2016以降)
  • Mac mini(Late 2018以降)
  • MacBook Air(Late 2018以降)
  • MacBook(Early 2016 以降)
  • iMac Pro(2017以降)
  • Mac Pro(2019)

 

 
米メディアMacRumorsは、iPadシリーズは、以下のモデルで利用可能になるだろう、と推測しています。
 

  • iPad Pro (全モデル)
  • iPad (第6世代)
  • iPad (第5世代)
  • iPad mini (第5世代)
  • iPad mini 4
  • iPad Air (第3世代)
  • iPad Air 2

 

なお、テクノロジーメディアiMoreのロリー・ギル氏は、2019年3月に発売されたiPad mini(第5世代)とMacBook Pro(2016年モデル)の組み合わせで動作することが確認できた、と報告しています。
 
ただし、今年秋の正式公開までに対応するハードウェアの要件などが変更される可能性もあります。

MacからiPadを簡単に接続可能

Sidecarは、開発者向けベータとパブリックベータが公開されているmacOS CatalinaとiPadOSを組み合わせることで利用できます。
 
ただし、どちらのOSも開発途中のベータ版であり、不具合が残されていることから、日常的にメインで使うデバイスにはインストールしないよう、ご注意ください。
 
Sidecarを使うには、MacのメニューバーでAirPlayアイコンを開き、接続可能なデバイスのリストからiPadを選択するだけです。
 
Sidecar MacRumors
 
対応するiPadとMacの距離が10メートル以内なら、ワイヤレスで接続が可能です。
 
もし、ケーブルで接続してもAirPlayのリストにiPadが表示されない場合、以下の手順でSidecarを利用することができます。
 

  1. Macで「システム環境設定」を開く
  2. 「サイドバー」メニューをクリック(このメニューはmacOS Mojave以前にはありません)
  3. 「接続」の下にある「デバイス」をクリック
  4. ドロップダウンメニューからiPadを選択

「Sidecarはスムーズに動作」と米メディア

Sidecarを使うと、iPadにサイドバーやMacBook ProのTouch Barが表示されます。
 
iMoreによると、サイドバーの位置は左右に、Touch Barの位置は上下に変更することができるほか、Apple Pencilのダブルタップによるツール切り替えの有効/無効を切り替えることも可能とのことです。
 
MacRumorsも、Sidecarを使っている様子の動画を公開し、「かなりスムーズに動作している」と評価しています。
 

 
 
Source:iMore, MacRumors
(hato)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる