Apple Card、8月上旬にアメリカでサービス開始か

    Apple Card

    Apple Card
     
    Apple Cardは8月上旬に提供される、とBloombergが報じています。iOS12.4のWalletアプリから、簡単に発行することが可能になります。現在、サービス提供地域はアメリカのみですが、他地域へも拡大するとみられます。

    「2019年夏」だけだったApple Cardサービス開始時期

    Appleは3月に開催したイベントで、Apple Cardの発行時期を「2019年夏」と発表していましたが、具体的な日程は公開されていませんでした。
     
    Bloombergの報道によると、Apple Cardの発行は早ければ8月上旬に開始される、とのことです。
     
    Apple Cardは、Appleが金融大手のGoldman Sachsと組んで発行するクレジットカードで、Apple Payを使った支払いに加えて、Apple Pay非対応店舗でも使えるようにチタン製の物理カードも用意されます。
     
    Apple Card
     

    iOS12.4のiPhoneで簡単に発行可能

    Bloombergによると、Apple Cardは、先日正式版が公開されたiOS12.4をインストールしたiPhoneのWalletアプリから簡単に発行できるそうです。
     
    すでに多くのApple従業員Goldman Sachsの従業員がApple Cardのテストに参加している、と報じられています。
     
    なお、Appleは2019年5月、Goldman Sachsが開発した、クレジットカードに電力を供給する技術に問題があるとして、設計の変更を要求したと伝えられています。

    来年にはカナダでもApple Cardが利用可能に?

    Apple Cardのサービス対象地域は当初、アメリカのみと発表されています。
     
    しかし、Appleが「Apple Card」の商標登録をヨーロッパや香港などで申請しているほか、ヨーロッパの金融当局と交渉している、との情報もあります。
     
    来年には、カナダでもApple Cardが利用可能になる、とも伝えられています。
     
     
    Source:Bloomberg
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次