2019年7月23日 01時39分

読了まで 158

2020年のiPhone12はクアッドカメラで対称的に?


 
2020年のが見込まれる Maxのコンセプト画像を、デバイス情報のリークで知られるベンジャミン・ジェスキン氏が公開しました。iPhone12 Maxの部分は、iPhone11と同じく突出していますが、ToF(Time of Flight)方式のセンサーが加えられているため、より対称的な見た目になっています。

フラッシュライトの下に同サイズのToFセンサーが追加

ジェスキン氏(@BenGeskin)が、2020年に発売予定のiPhone12 Maxのコンセプト画像をTwitterで公開しました。
 
6.7インチのディスプレイに小さくなったノッチ、ToF方式のセンサー付きのクアッドカメラ、5nm(ナノメートル)のA14チップ、USB Type-C、次世代通信規格5G対応、と記されています。
 


 
ジェスキン氏は、先月にもiPhone12のコンセプトデザインを公開しましたが、今回の画像にはフラッシュライトの下にライトと同サイズのToF方式のセンサーが加えられており、カメラ全体の見た目が対称的になっています。
 


 
 
Source:Ben Geskin/Twitter
(lexi)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる