Huawei初の5Gスマホ「Mate 20X 5G」が7月末に登場

    huawei 20x 5g

    huawei 20x 5g
     
    米政府による対中貿易制裁が続くなか、Huawei初の5G対応スマートフォン「Mate 20X 5G」が7月末に一部の国で発売となるようです。

    中国、イタリア、UAE

    Huaweiが7月26日に同社初となる5G対応スマートフォン「Mate 20X 5G」を中国で販売開始すると、中国政府系メディアの環境時報(Global Times)が報じています。
     
    この他にもイタリアのAmazonでは執筆時点(7月12日)で予約可能で22日発売扱いとなっているほか、アラブ首長国連邦(UAE)でも現地キャリアEtisalatが12日に発売することを明らかにしています。
     
    こうしたことから、Huaweiが一部の国を対象として世界的に7月よりMate 20X 5Gを展開していくつもりであることが分かります。なお、Huawei初の5G対応スマートフォンは当初、ディスプレイが折りたたみ可能な「Mate X」になる予定でした。
     

    iphone xs max huawei mate20 x 比較

    6.5インチのiPhone XS Max(左)と7.2インチのMate 20X(右)。Mate 20Xの大きさがよく分かる


     
    Mate 20X 5Gはすでに販売されている、7.2インチディスプレイ搭載の「Mate 20X」をアップグレードしたモデルで、バッテリーが4,200mAhから5,000mAh、メモリが6GBから8GB、内蔵ストレージが128GBから256GBへと進化を遂げています。

    米国の輸出規制リスト入りも影響か

    しかし、お膝元の中国はともかく、なぜイタリアやUAEなのでしょうか。
     
    すでにSamsungの5G対応端末などが販売されている米国では展開される気配がないことからも分かるように、一部の国にリリースが限定されているのは米政府のHuawei制裁が関係しています。
     
    Huaweiとその関連企業は5月、米政府の輸出規制リストに入れられたことで、政府の許可なく米企業と取り引きすることが禁じられました(その後トランプ大統領が方針転換を示唆)。これによってGoogleがAndroid OSやGoogle Playの将来的な提供を見合わせたため、Huaweiは海外市場から実質的に締め出された格好となっています。
     
    幸いにもMate 20X 5GはGoogleのサービスを享受できるようですが(搭載OSはAndroid 9.0ベースのEMUI9)、今後の5Gモデルについてはどうなるか分かりません。また、Huaweiが30カ国と5G技術提供契約を結んでいると中国政府は発表していますが、米国は言わずもがな日本も対象国には含まれていないようです。
     
     
    Source:環境時報,THE VERGE,Venture Beat,Amazon(伊)
    Photo:YouTube-Nick Ackerman
    (kihachi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    丸みを帯びたiPhone3GSの筐体に惚れ込み、Apple信者を誓ったのも今は昔。2014年から始めたライター業がきっかけで、気づけばXiaomiやHuaweiなど中華スマホにも手を出す浮気症に。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次