トップページ > Mac > 新型Mac Proや高性能モニタ、6月にmacOS 10.15と同時発表か
2019年5月6日 23時46分

読了まで 216

新型Mac Proや高性能モニタ、6月にmacOS 10.15と同時発表か

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

WWDC 18 macOS
 
6月のWWDC 19では、iPad向けアプリがMacでも利用可能となるmacOS 10.15、また次期Mac ProやAppleブランドの高性能モニタも発表される、とBloombergが報じています。

2019年にはiPad向けアプリがMacで利用可能に

Appleは、現地時間6月3日から開催する世界開発者会議(WWDC 19)で、Mac向けの次期OS、macOS 10.15を発表するとみられます。
 
macOS 10.15の目玉となりそうなのが、iOS用アプリがmacOSでも動作可能になる「Marzipan(マジパン)」プロジェクトによるアプリです。
 
Bloombergは、2019年には、iPad向けのアプリがMacでも動作可能となり、2020年にはiPhone向けアプリもMacで動作可能になると予測しています。
 
iOS向けアプリがmacOSでも利用可能となることで、開発者の負担が軽くなり、魅力的なアプリがiOSとmacOSの両方で使えるようになることが期待されます。

複数のmacOS標準アプリが刷新か

Bloombergは、macOS 10.15には他にも以下の新機能が追加される、と予測しています。ただし、一部の機能は2020年のバージョンに持ち越される可能性がある、とのことです。
 

次期Mac Pro、高精細ディスプレイも発表か

WWDCは例年ソフトウェア関連の発表が中心ですが、Appleは新型Mac Proと、「J290」のコードネームを持つディスプレイを発表する計画がある、とのことです。
 
新型のディスプレイは、色の表現能力に優れたハイダイナミックレンジが特徴となる、と伝えられています。
 
Appleは2017年4月、本社にごく少数のジャーナリストを招き、次期Mac Proではデザインを刷新し、CPUやGPUのアップグレードが容易なモジュラー設計を導入する計画を明らかにしており、Appleブランドのプロ向けディスプレイの発売も予告されています。
 
 
Source:Bloomberg
(hato)

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる