Apple、今年の世界開発者会議は6月3日−7日、サンノゼで開催と発表

    Apple-WWDC-2019-03142019_big.jpg.medium

    Apple-WWDC-2019-03142019_big.jpg.medium
     
    Appleは現地時間3月14日、今年の世界開発者会議(WWDC 2019)を、6月3日から7日の日程で開催すると発表しました。開催場所は米カリフォルニア州サンノゼのマッケナリー・コンベンションセンターです。

    今年も基調講演でスタート

    WWDC 2019は例年通り、ティム・クック最高経営責任者(CEO)を中心とした基調講演で幕を開ける予定です。Appleはこの基調講演において、機械学習(Machine Learning)、拡張現実(AR)、健康およびフィットネスといった分野で新しいエクスペリエンスの開発に取り組んでいるデベロッパ各社の画期的な作品を紹介するとしています。
     
    例年、WWDCはソフトウェアの発表が中心となっており、今年もiOS、macOS、watchOS、tvOSが発表され、秋の正式リリースに向けて開発が進められていくことになるでしょう。

    参加チケットは抽選

    WWDC 2019に参加するには、本日より3月20日の午後5時(米国太平洋標準時夏時間;日本時間は3月21日の午前9時)まで、WWDCウェブサイトにて参加チケットを申し込む必要があります。チケットは無作為の抽出プロセスにより抽選で発行され、応募者には抽選結果が3月21日午後5時(米国太平洋標準時夏時間;日本時間3月22日午前9時)までに通知されます。
     
    なおWWDC基調講演の様子は、iPhone、iPad、Apple TVのWWDCアプリケーションを通じて、またはApple Developerウェブサイトを通じて、ライブ配信で視聴することが可能です。
     

     
    またAppleは今年も最大350名分のWWDC Student Scholarshipを設定し、学生およびSTEM(Science、Technology、Engineering、Mathematics)関連団体のメンバーを対象として、WWDCへの無料参加チケットと宿泊場所を提供すると発表しています。

     
     
    Source:Apple
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次