次期AirPodsをイメージしたコンセプトデザインが公開

    AirPods コンセプト Xhakomo Doda

    AirPods コンセプト Xhakomo Doda
     
    デザインが刷新されると予測される次期AirPodsをイメージしたコンセプトデザインが公開されました。Apple Pencil(第2世代)のようにマグネットを内蔵し、左右をくっつけておけるのが特徴です。

    来年春までにデザイン刷新と予測されるAirPods

    3月に発売されたAirPods(第2世代)は、呼びかけるだけでSiriを起動できるようになり、iPhoneなどのデバイスとの接続高速化、バッテリー消費の抑制などの進化を遂げましたが、外観は第1世代から変わっていません
     
    しかし、次期AirPodsについては、著名アナリストのミンチー・クオ氏が先日、2019年末から2020年初頭に外観を刷新した次期AirPodsが発売される、と予測しています。
     
    そんな次期AirPodsのコンセプトデザインを公開したのは、イタリアで活動するグラフィックデザイナーのシャコモ・ドーダ氏です。
     
    シャコモ・ドーダ氏
     
    ドーダ氏のコンセプトデザインでは、AirPodsの本体色はホワイトのみですが、次期AirPodsには新色としてブラックが追加される、との情報も伝えられています。

    マグネットを内蔵、左右がくっつく

    ドーダ氏による次期AirPodsの最大の特徴は、2018年秋に発売されたApple Pencil(第2世代)のように、外側がフラットになっており、マグネットを内蔵していることです。
     
    AirPods コンセプト Xhakomo Doda
     
    内蔵マグネットによって、左右のAirPodsをくっつけることができます。
     
    AirPods コンセプト Xhakomo Doda 
    MacBookシリーズのディスプレイ横にくっつけておくこともできます。
     
    AirPods コンセプト Xhakomo Doda
     
    ワイヤレス充電対応のトレイに置くと、充電ケースに入れずにAirPodsを充電できます。
     
    AirPods コンセプト Xhakomo Doda
     
    AirPodsのセンサー類用の穴の形状は、直線的な形状に変更されています。
     
    AirPods コンセプト Xhakomo Doda
     
     
    Source:Xhakomo Doda via The Apple Post
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次