Apple、第2世代AirPodsを発売!ワイヤレス充電に対応、音質も向上

    第2世代 AirPods

    第2世代 AirPods
     
    Appleは3月20日夜、第2世代のAirPodsを発表しました。ワイヤレス充電に対応したほか、新開発のH1チップを搭載、通話時間が50%伸び、デバイスとの接続が高速化しています。ハンズフリーで「Hey Siri」と呼び出すことも可能です。

    新開発のH1チップを搭載して進化したAirPods

    Appleは、3月18日の新型iPad AirとiPad mini、19日の新型iMacに続いて、3月20日に第2世代となる新型AirPodsを発表しました。
     
    第2世代 AirPods
     

    第2世代AirPodsには、Appleが開発したH1チップが搭載されています。
     
    H1チップには、独自のオーディオアーキテクチャを採用しており、Appleは新しいAirPodsの音質を「革命的なオーディオ体験を作り出す」と説明しています。
     
    また、通話時間は第1世代と比べて最大50%長くなっているほか、iPhoneやApple Watch、iPadの間でデバイスを切り替える時の接続が2倍に高速化しています

     
    そして、2018年9月のスペシャルイベントの映像で話題になったとおり、「Hey Siri」と声をかけるだけでSiriを呼び出すこともできるようになりました。
     
    第2世代 AirPods

    AirPodsのケースがワイヤレス充電対応!

    Qi規格のワイヤレス充電に対応したWireless Charging Caseは、充電状態を示すインジケータが外側に配置されています。
     
    Wireless Charging Caseは、従来と同じくLightningケーブルでも充電できます。
     
    第2世代 AirPods
     

    ワイヤレス充電対応ケースとセットで22,800円

    新型AirPodsは、ワイヤレス充電ケースとのセット有無によって、以下3タイプが販売されており、価格(税別)はそれぞれ以下のとおりです。
     

    • 「AirPods with Wireless Charging Case」AirPodsとワイヤレス充電対応ケースがセット。22,800円
    •  

    • 「AirPods with Charging Case」従来の充電ケースとセット。17,800円
    •  

    • 「Wireless Charging Case for AirPods」ワイヤレス充電用ケース単体。8,800円

     
    本稿執筆時点では、いずれも配送予定日は3月26日〜28日(本州の場合)と案内されています。
     
    第2世代 AirPods
     
     
    Source:Apple
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次