トップページ > 最新情報 > Apple役員、FaceTimeバグを発見した14歳の少年に報奨金支払いを約束
2019年2月6日 01時18分

読了まで 235

Apple役員、FaceTimeバグを発見した14歳の少年に報奨金支払いを約束

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

CNBC FaceTime バグ 報奨金
 
FaceTimeで通話を開始する前に、相手に音声や映像が伝わってしまうバグを発見した14歳の少年のもとを、Apple役員が訪れ、バグ発見者への報奨金支払いを約束したそうです。

FaceTimeで応答前に相手の音声や映像が見聞きされるバグ

iPhoneやMacなどApple製品どうしの無料通話アプリFaceTimeのグループ通話で、受信者が応答する前の音声や映像を、発信者が見聞きできてしまうバグが発見され、Appleは一時的にグループ通話を使用不能にしています。
 
Appleはこの不具合について謝罪し、バグを修正したiOS12.1.4を近日中に公開することを予告するとともに、バグ発見者のトンプソン一家への感謝を表明しています。

バグの発見者は14歳の少年

世界中で話題となったこのバグを発見したのは、米アリゾナ州に住む14歳の少年、グラント・トンプソンくんでした。
 
グラントくんは、母・ミシェルさんと一緒に米メディアCNBCのインタビューに応じ、バグ発見の時のことを語りました。
 
CNBC FaceTime バグ 報奨金
 

人気ゲーム「フォートナイト」プレイ中に偶然発見

グラントくんは、人気ゲーム「フォートナイト」をプレイ中に偶然、このバグを発見したそうで、友人たち数人と「これはクールだ」と話題にしていたそうです。
 
母のミシェルさんは、息子が発見したバグのことをAppleに報告しようと、1月19日からメールやTwitter、FacebookでAppleに呼びかけていましたが、バグが各メディアに報道されるまで、Appleからコンタクトはなかった、と語っています。
 
このバグをAppleに知らせようとしていたTwitterユーザー「MGT7」さんが、ミシェルさんでした。
 

 

Appleの重役がグラントくんに会いに来た!

バグが報道された4日後の2月1日、Appleの重役(名前は明かされていません)が、アリゾナ州ツーソンにいるグラントくんに会いに来ました。
 
そして、グラントくんはバグ・バウンティプログラム(バグ発見者への報奨金)の資格がある、と約束したそうです。
 
ミシェルさんは、グラントくんが報奨金を受け取ったら、息子の大学進学資金として活用したいそうです。
 
グラントくんは、Appleはユーザーのプライバシーを守ると信じており、今後もApple製品を使い続けたいと語っています。
 
 
Source:CNBC
(hato)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる