トップページ > iOS > 今秋のiPhoneはUSB-C搭載、次期iPadは今春発売!Bloomberg報道
2019年1月31日 08時25分

読了まで 243

今秋のiPhoneはUSB-C搭載、次期iPadは今春発売!Bloomberg報道

ConceptsiPhone iPhoneXI コンセプト Hasan Kaymak
 
2019年のiPhoneには、USB Type-C(USB-C)端子が搭載され、iPhone XS Maxの後継モデルにはトリプルカメラが搭載され、2020年モデルにはレーザー方式の3Dカメラが搭載される、とBloombergが報じています。
 
また、次期iPadとiPad mini5は今春発売され、iOS13は「ダークモード」を採用するとのことです。

2020年のiPhoneは背面に3Dレーザーカメラ搭載か

Appleは、背面にレーザーセンサー方式の3Dカメラを搭載したiPhoneを2020年に発売する計画である、と事情に詳しい人物の情報としてBloombergが報じています。
 
背面3Dカメラは当初、2019年のiPhoneに搭載する計画でしたが、2020年に延期されたそうです。
 
レーザーセンサー方式のカメラは、被写体との距離が4.5mまで対応可能で、AR(拡張現実)性能の向上に活用されるとのことです。なお、顔認証に使われているTrueDepthカメラが動作する被写体との距離は、25cmから50cmの範囲です。
 
Appleは、レーザーセンサー方式のカメラの開発に向けてソニーと交渉を進めているとされています。先日、ソニーが3Dカメラセンサーの増産に踏み切ったと報じられています。

2019年、iPhoneにUSB-C端子を搭載

2019年のiPhoneは、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRの後継モデルが予定されており、プロセッサの性能アップ、Face IDによる顔認証の高速化が実現するとBloombergの情報源は語っています。
 
iPhone XS Maxの後継モデルにはトリプルカメラが搭載されるとのことで、この情報は、先日The Wall Street Journalが伝えた内容とも一致する部分があります。
 
また、2019年のiPhoneには、2012年から使われてきたLightningポートに代えてUSB-Cポートを搭載する計画とのことです。

 
なお、iPhone XS、iPhone XS Maxの後継モデルには、それぞれ「D42」と「D43」というコードネームが与えられているそうです。

次期iPadとiPad mini5は今春発売か

Bloombergによると、Appleは、プロセッサ性能を引き上げた低価格の次期iPadと、次期iPad miniを今年の春にも発売する、とのことです。
 
これらのiPadには、Lightningポートが引き続き搭載される見込みとのことです。
 
次期iPadとiPad mini5については、iOS12.2のベータから記述が発見されているほか、ユーラシア経済連合(EEC)のデータベースに端末情報が登録されていることから、発売が近いと期待されています。

iOS13にはダークモード、雑誌読み放題サービスなど追加へ

次世代iOSとなるiOS13には、画面の背景をダークカラーにする「ダークモード」や、CarPlayの機能改善、iPadに特化したホーム画面が追加される、とBloombergは報じています。
 
また、iOS13では雑誌の定額読み放題サービスや、Apple独自の映像コンテンツサービスが統合される、とのことです。
 
 
Source:Bloomberg
Photo:Hasan Kaymak/YouTube
(hato)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる