iPhone XS Max、年明けから大幅減産か〜証券会社が相次ぎ見通し下方修正

Apple iPhone XS iPhone XR

Apple iPhone iPhone XS iPhone XS Max iPhone iPhone XR
 
スマートフォン市場の飽和が目立ちつつある昨今、iPhoneの売り上げペースも鈍化が指摘されています。Citi Researchによると、AppleはiPhone XS Maxの生産台数を2019年初めから大きく削減する用意があるようです。

当初見通しから下方修正

Citi Researchは、2019年第1四半期(1〜3月)におけるAppleiPhone生産台数見通しを、当初想定していた5,000万台から4,500万台へと下方修正しました。これについて、アナリストのウィリアム・ヤン氏は、iPhoneが「売れ残りの段階(destocking phase)」に突入したことを理由に挙げています。なかでも大きく落ち込みを見せているのがiPhone XS Maxで、同氏は最大で48%の減産となると指摘しています。
 
なお、iPhoneの生産見通しを引き下げるのはCitiに限ったことではなく、先日もRosenblatt証券が400万台のさらなる減産を予測しています。Citiと異なりRosenblattは、iPhone XS MaxではなくiPhone XRの減産レベルを重く見ているようですが、いずれにしてもウォール街のアナリストたちにとって、ここまでの停滞は予想外だったに違いありません。

iPhone以後の主力製品は?

iPhoneの販売台数を今後は非公表としたことから、Appleとしてもこうした事態を重くみているのは明らかでしょう。同社は“脱iPhone”を計画していることが以前から分かっています。
 
例えば、近年はコンピュータやスマートフォン販売といったハードウェアビジネスよりも、Apple MusicやApp Store、AppleCare+などのサービス部門で収益を増大させていることが確認されているほか、自動運転車ARグラスといった、iPhoneに変わる主力製品の開発も噂されています。
 
 
Source:CNBC
(kihachi)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

丸みを帯びたiPhone3GSの筐体に惚れ込み、Apple信者を誓ったのも今は昔。2014年から始めたライター業がきっかけで、気づけばXiaomiやHuaweiなど中華スマホにも手を出す浮気症に。

特集

目次