トップページ > 最新情報 > Appleのサービス部門、2020年に5兆円規模へ〜収益の中核に
2018年10月30日 18時47分

読了まで 146

Appleのサービス部門、2020年に5兆円規模へ〜収益の中核に


 
Appleの収益で中核を占めるのはiPhoneですが、サービス部門から得られる売り上げも年々増大しています。これを受け、2020年にはサービス部門の収益が500億ドル(約5兆5,000億円)に達するだろう、とする観測がアナリストから上がっています。

今後Appleはサービス部門で稼ぐ?

Appleのサービス部門が占める収益が、2017年の300億ドル(約3兆3,000億円)から2020年に500億ドル(約5兆5,000億円)へと増大すると予測しているのは、証券会社Jefferiesのティモシー・オシェイ(Timothy O’Shea)氏です。
 
クライアント向けレポートの中で同氏は、Appleの企業収益におけるサービス部門のシェアが現在の25%から、2020年には40%になるとしています。iPhoneやMacなどのハードウェア部門に比べてサービス部門はマージンを確保しやすいことや、App Storeからのアプリ購入、Apple Musicのサブスクリプション、今後登場するであろうサービスが牽引役となるようです。
 
こうした予測をもとに、JefferiesはAppleの株価ターゲットを、現在の価格よりも25%高い265ドル(約29,000円)に据えています。
 
なお、2018年第2四半期(6〜8月)の決算でも、Appleのサービス部門の勢いはめざましく、前年同期比で31%の成長となり、売上高は95.5億ドル(約1兆円)に達しました。
 
 
Source:CNBC
(kihachi)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる