トップページ > 最新情報 > iPhone XRの「Haptic Touch」、Appleは対応操作を増やす方針

読了まで 27

iPhone XRの「Haptic Touch」、Appleは対応操作を増やす方針

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

Haptic Touch Apple MacRumors
 
iPhone XRは、「3D Touch」が搭載されない代わりに、「Haptic Touch」による操作が可能となっています。Appleは今後「Haptic Touch」の使い道を増やす方針です。

iPhone XRは3D Touchの代わりに「Haptic Touch」を搭載

10月26日の発売を前に、各メディアがiPhone XRのレビューを公開しています。
 
iPhone XRには、iPhone6s以降のモデルに搭載されていた、画面を強く押して操作する3D Touchの代わりに、画面を長押しすると振動でフィードバックがあるHaptic Touch」が搭載されています
 
これは、画面の個々のピクセルが発行する有機EL(OLED)ディスプレイのiPhone XS/XS Maxと違い、iPhone XRは画面表示にバックライトが必要な液晶ディスプレイを本体の縁ギリギリまで広げるために、3D Touchを搭載できなかったためと考えられます。

AppleはHaptic Touchの用途を拡大する方針

現在、Haptic Touchでできる操作は、ロック画面の懐中電灯やカメラのアイコン、コントロールセンターのアイコンなど、ごく一部に限られます。
 
The Vergeの記者、ニレィ・パテル氏はレビューの中で、Appleは今後、Haptic Touchの用途を拡大する方針だと伝えています。

Haptic Touchにできることは、まだ3D Touchと同等ではありません。
 
しかしAppleは、今後時間をかけてiOSでHaptic Touchが利用できる場面を増やす方針とのことです。

iOS12では旧端末でも画面長押しで可能な操作が増加

AppleはHaptic Touchに対応する操作を増やす時期については語っていませんが、今後、iOSのバージョンアップによって、対応する操作が増えるとみられます。
 
すでに、iOS12では3D Touch非搭載端末でも、トラックパッドモードによる文字入力中のカーソル移動や通知の一括消去といった操作が、画面の長押しで可能となっています。

 
 
Source:The Verge, MacRumors
(hato)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneXS/XS Max/XRの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

カテゴリ : 最新情報, iPhone XR  タグ : , , , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる