トップページ > iOS > 【iOS12】SiriにフラッシュライトをON/OFFしてもらう方法
2018年9月26日 18時33分

読了まで 246

【iOS12】SiriにフラッシュライトをON/OFFしてもらう方法

Siriでフラッシュライトをつける
 
2018年になって、大規模な停電が相次いでおこり、懐中電灯の重要さを身にしみて感じた人も多いかと思います。iPhoneにはフラッシュライトという懐中電灯機能がありますが、iOS12アップデートで、フラッシュライトのコントロールをSiriに頼むことができるようになりました。
 
Hey,Siriと組み合わせれば、手元にないiPhoneのライトをつけることもできるので、暗闇でiPhoneを見失った際にも応用できます。ただしこれを可能にするには、設定→Siriと検索で、「”Hey Siri”を聞き取る」と「ロック中にSiriを許可」をオンにしておく必要があります。

Siriがフラッシュライトをオンにしてくれる言い回し

いろんな言い回しを試してみましたが、Siriがフラッシュライトをつけてくれる言い方は、「フラッシュライト」or「懐中電灯」を「オンにして」or「つけて」の組み合わせです。
 
Siriでフラッシュライトをつける
 
オフにする際も同様で、「フラッシュライトを消して」「懐中電灯をオフにして」といえば消してもらうことができます。
 

Siriが別のことをしてしまう言い回し

フラッシュライトをつけてもらいたいのに、うまくいかなかった言い回しもあります。
 

「アプリ名+消して」

Siriでフラッシュライトをつける
 
懐中電灯系のアプリを入れている場合に起こります。
 
例えば、「フラッシュライトΩ」というアプリをインストールしていると、「フラッシュライトΩを消して」と解釈し、アプリを削除して、という意味で取ってしまいます。
 
Siriにはアプリをアンインストールする権限がないので、このお願いは断られます。
 

「明るくして」

Siriでフラッシュライトをつける
 
明るくして、と頼んだ場合は、iPhoneの画面の明るさを明るくしてくれます。
 
これはこれでライトとして使うこともできますが、意図せず明るくしてしまった場合はスライダーで明るさを再調整しましょう。
 

「ライトをつけて」

Siriでフラッシュライトをつける
 
フラッシュライトではなく「ライト」や「電気」、「あかり」などのいいまわしをすると、「ホーム」Appの設定をするようにいわれてしまいます。
 
この場合の「ライト」は、家電製品の「ライト」と認識されてしまうためです。
 

「トーチつけて」

Siriでフラッシュライトをつける
 
懐中電灯と似た意味の言い回しをしてみたところ、なぜかApple Musicが起動しました。何度か試すと、カメラが起動する場合もあり、なにか別の機能として判定されているようです。

Siriショートカットを使えばもっと簡単に

Siriでフラッシュライトをつける
 
iOS12で追加されたSiriの新機能「ショートカット」と、「ショートカット」アプリをつかえば、もっと短くてわかりやすい言い回しで懐中電灯のオン/オフができるように設定することもできます。
 
例えば「電気」いうたびに、オンとオフが切り替わる、などの設定が可能です。
 
Siriショートカットを使わない場合は「フラッシュライトをオンにして/オフにして」という言い方が1番確実性があります。

 
 

 
 

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる