トップページ > 最新情報 > 【iOS12】現時点で判明しているバグなど
2018年9月19日 08時13分

読了まで 241

【iOS12】現時点で判明しているバグなど

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

iOS12 WWDC
 
iOS12は、パフォーマンスと安定性の向上に重点を置いて開発されていますが、いくつかのバグの存在も確認されています。海外メディアが、現時点で確認されているiOS12のバグをまとめています。

安定性とパフォーマンスを重視したiOS12

現地時間9月17日に公開されたiOS12は、6月の世界開発者会議(WWDC 18)で安定性とパフォーマンスを重視した新OSとして発表され、約3カ月間をかけて開発者向けベータで修正を重ねてきましたが、それでも不具合は残っています。
 
iPhoneHacksがまとめた、現時点で判明しているiOS12に関連したバグは以下のとおりです。
 
日本国内では、KDDIがauのiPhone5sをiOS12にアップデートするとSMSの送受信とMMSの受信ができなくなる不具合があると発表し、iPhone5sユーザーにアップデートを見送るよう呼びかけています。
 

「マップ」アプリ

一部のユーザーで、渋滞情報が表示されない模様です。

 

iPadでFaceTimeのカメラエフェクトが使えない

FaceTimeのカメラエフェクトは、iPadにも対応しているはずですが、使うことができません。

 

Wi-Fi通話が突然切れる

米携帯大手T-Mobileのユーザーが、Wi-Fiからモバイルデータに切り替わる時にWi-Fi通話が切れると報告しています。

 

一部のiPhoneでモバイルデータ通信に不具合

複数のiPhone8ユーザーが、モバイルデータ通信が自動で切断されてしまい、手動で再接続しなくてはならない、と報告しています。同様の報告は、他の機種のiPhoneユーザーからもあるようです。
 

サードパーティ製アプリのクラッシュ

金融グループHSBC UKやHSBC WorldwideのアプリをiOS12で起動するとクラッシュする模様です。

 

バッテリーの減りが早い

iPhone Xを含む全モデルのiPhoneユーザーが、iOS12にアップデートしてからバッテリーの消耗が激しくなったと報告しています。
 
同様の問題は、iOSのメジャーアップデートのたびに話題になります
 
これは、iOS12にアップデート後、端末がバックグラウンドでデータの最適化作業を行なっているため、アップデート前よりもバッテリー消費量が多くなるのが理由と考えられます。

 

「設定」アプリがフリーズする

10.5インチiPad Proのユーザーが、「設定」アプリが不規則にフリーズする、と報告しています。

 

Office 365の管理ツール

Microsoft Office 365のモバイルデバイス管理ツールの認証がiOS12では正常に動作しません。

すでにiOS12.1ベータが公開

これらのうち、iOS12に原因がある問題は、今後のアップデートで修正されると見込まれます。また、各アプリ側でのiOS12対応も進むと考えられます。
 
Appleは、iOS12公開の翌日である現地時間9月18日、iOS12.1のベータを開発者向けに公開しています。iOS12.1ベータでは、いったん公開が見送られたグループFaceTimeが復活しています。

 
 
Source:iPhoneHacks
(hato)

カテゴリ : 最新情報, iOS  タグ : , , , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる