トップページ > 最新情報 > iOS11にアップデートしてすぐはバッテリー消費速度が約2倍に

読了まで 211

iOS11にアップデートしてすぐはバッテリー消費速度が約2倍に

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

ios11
 
iOS10iO11にアップデートしてから、心なしかバッテリーの減りが早くなったような気がする?気のせいではないかも知れません。計50,000人のユーザーを対象として行われた測定の結果、iOS11ではiOS10の約2倍のスピードでバッテリーが減少していることが分かりました。

平均して60%も駆動時間が減少

モバイルセキュリティ企業Wanderaが行った調査によると、iOS10ではバッテリー残量が100%から0%になるまでの時間が平均して240分だったのに対し、iOS11は96分に過ぎなかったそうです。
 
ios バッテリー ios11 ios10
 
特定の状況や端末が想定されているわけではなく、iPhoneやiPadの一般ユーザーからヘビーユーザーまで幅広く対象をとって行われた調査なので、この時間をもって何かを断定することはできませんが、少なくとも今のところ、iOS11はiOS10に比べて、バッテリーの減りが速い傾向にあるのは確かでしょう。

Spotlight検索が理由のひとつ

いったい原因は何なのでしょうか。
 
調査を行ったWanderaは、iOSがリリースされた直後に起きがちな問題として、アップデートに伴い、Spotlight検索がインデックスを再構築していることを一因として挙げます。大掛かりな再構築は常に行われているわけではないので、アップデートを行ってから数日もすれば元に戻ります。
 
他にも、iOS11がリリースされたことに伴い、インストールされたアプリが次々と自動アップデートされている可能性もあります。
 
また、WanderaはiOS11よりサポートされたアニ文字やFace ID(いずれもiPhone Xのみですが)も、搭載されたA11 BionicのGPUを使うため、バッテリーを大きく消耗する要因になるだろう、と指摘しています。

バッテリーを長持ちさせる対策は

Wanderaは当面の対策方法として、
 

  1. アプリをバックグラウンド更新しない(解説記事
  2. 位置情報を取得するアプリを限定する(解説記事
  3. 低電力モードをオンにしておく(解説記事

 
などを推奨しています。とくに低電力モードでは、処理速度を半分ほどに落とすことで、バッテリーの駆動時間が伸びることが、これまでにも確認されています。
 
 
Source:Wandera via BGR
(kihachi)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneX/8/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone X・8/8 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : 最新情報, iOS  タグ : , , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる