トップページ > iPhone8 > iPhone8 Plusは2018年に販売打ち切り、後継は6.1インチ液晶モデル?

読了まで 244

iPhone8 Plusは2018年に販売打ち切り、後継は6.1インチ液晶モデル?

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhone8 Plus Apple

 
Appleはこれまで、新型iPhoneを発売した後、前年に発表した旧モデルの価格を引き下げて販売を継続しています。しかし、iPhone8 Plusは2018年の次世代モデル発売と同時に販売が打ち切られるのではないか、とMotley Foolが報じています。

2018年のiPhoneはOLED2モデルとLCD1モデル

2014年に4.7インチディスプレイを持つiPhone6と5.5インチのiPhone6 Plusを発表して以来、Appleは毎年、2つの画面サイズを持つiPhoneを発売しています。
 
Apple関連の正確な情報で知られるKGI証券のアナリストのミンチー・クオ氏は、2018年のiPhoneは、5.8インチと6.5インチの有機EL(OLED)ディスプレイモデルと、6.1インチの液晶ディスプレイモデルの合計3モデルが発売され、いずれもiPhone Xのようなベゼルレスでホームボタンのないデザインで顔認証のFace IDを搭載する、と予測しています。
 

iPhone X 2018年

 
このうち、6.1インチの液晶ディスプレイモデルは低価格帯のエントリーモデルとして位置付けられ、649ドルから749ドル(約72,400円から約83,600円)で販売される、とされています。
 
iPhone8 Plus 価格
 
6.1インチ液晶モデルの価格が、クオ氏の予想価格帯の中央である699ドル(約78,000円)となれば、現在の販売価格が799ドル(約89,000円)からとなっているiPhone8 Plusから、ちょうど100ドル安い価格設定となります。

6.1インチ液晶モデルはプラスの後継機種に

Appleは新型iPhone発売後、前年のモデルの価格を100ドル引き下げて販売を継続しており、日本でもiPhone7/7 Plusは現在もApple公式サイトに掲載され、販売が続いています。
 
Apple iPhone
 
クオ氏の予想どおり6.1インチ液晶モデルが発売されれば、その価格帯からiPhone8 Plusの代わりという役割を担うことを示している、と考えられます。
 
仮に、iPhone8 Plusと6.1インチ液晶モデルが同じ価格帯で販売されたら、多くのユーザーはより小さな本体と大きなディスプレイの組み合わせに顔認証システムが搭載された6.1インチモデルを選び、iPhone8 Plusの存在価値は失われ、販売を継続する意味がなくなってしまうだろう、というのがMotley Foolの予測です。

iPhone8は販売継続か

iPhone8 Plusの販売が終了する一方で、現在599ドル(約67,000円)からの価格で販売されるであろうiPhone8は、6.1インチ液晶モデルの投入で魅力は薄れるものの、より低価格帯のモデルとして販売が継続されるだろう、とMotley Foolは予測しています。

 
 
Source:Motley Fool
Photo:AppleInsider, Apple, YouTube
(hato)

 
 

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneX/8/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone X・8/8 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる