Appleがイメージセンサーの新興企業InVisageを買収

    InVisage

    InVisage
     
    Appleがイメージセンサーを開発する新興企業、InVisage Technologiesを買収しました。TechCrunchを含む複数メディアが報じたほか、Appleも買収の事実を認めています。

    量子ドットを用いた「QuantumFilm」で知られる

    InVisageは量子ドットを用いたイメージセンサー技術「QuantumFilm」で知られています。同社は2006年の設立以来、シリコンに代わる感光性材料の開発に取り組んでおり、2015年にはシリコンに代わり量子ドット材料を使用して光検出を行うイメージセンサーを発表しました。
     
    量子ドットを用いたイメージセンサーは、シリコンCMOSイメージセンサーに比べ近赤外光に対する感度が高いため、可視光で撮影するカメラのイメージセンサーとして優れているといわれています。
     
    InVisageによれば、QuantumFilmによるイメージセンサーは、シリコンイメージセンサーよりも高い光の吸収率を持ちながら、薄型化が実現できるとのことです。

    Face IDやARにも役立つ

    AppleがInVisageの技術をどのような形で採用するかはわかりませんが、iPhone XのFace ID、そして今後力を入れると明言している拡張現実(AR)分野などで、優れたイメージセンサー技術が役立つのは間違いないでしょう。

     
     
    Source:TechCrunch
    Photo:InVisage
    (lunatic)

     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次