2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    2018年はiPhone Xに廉価版が登場か~コードネームは「杭州」

    iPhone X

    iPhone X
     
    2018年は、価格の面でもiPhone Xをより気軽に入手しやすくなるかも知れません。Appleが、iPhone X廉価版の発売を計画しているとの観測が浮上しました。

    高価格版と廉価版の2種類が存在か

    台湾メディア経済日報によると、Appleは主要市場である中国をメインターゲットとして、ハイエンドモデルとは別に廉価版のiPhone Xを販売する計画を固めているようです。
     
    ハイエンドモデルが現在のiPhone Xの進化版となるのか、それとも廉価版だけが追加されるのかは謎ですが、関係者の間ではそれぞれ、高価格版のiPhone Xが「里斯本(Lisbon)」、廉価版のiPhone Xが「杭州(Hangzhou)」と呼ばれているそうです。
     
    価格については分かっていませんが、少なくとも現在の112,800円よりは安くなる見込みです。

    Full Activeディスプレイの出番?

    現在、iPhone Xのディスプレイは有機EL(OLED)パネルが採用されていますが、このOLEDこそがiPhone Xの価格を押し上げる主因になっていると考えられています。
     
    そのため、廉価版のiPhone Xは液晶ディスプレイ(LCD)が採用される公算が高く、すでにXiaomiのMi MIX2などにも用いられている、ベゼルレスデザインが可能なJDIのFull Activeディスプレイの出番となる可能性もあります。
     
     
    Source:経済日報,財経網
    (kihachi)
     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次