2017年9月27日 07時50分

読了まで 230

発売前のiPhone Xを分解?内部の3Dイメージ画像、デザイナーが公開

iPhone X 内部 分解 コンセプト Martin Hajek

 
内部の3Dイメージ画像を、デザイナーのマーティン・ハジェク氏が公開しました。A11 Bionicプロセッサや顔認証に使われるTrueDepthカメラシステムなどが描かれています。

11月3日発売のiPhone X内部のイメージ画像

Xが11月3日に発売されるのを前に、これまでiPhoneなどの高精細なコンセプト画像を数多く公開してきたデザイナーのマーティン・ハジェク氏が、iPhone X内部のイメージ画像を公開しました。
 

なお、実物のレポートは、発売直後にiPhoneなどの分解レポートで知られるiFixitが公開するとみられます。

一足先にiPhone Xの分解気分

iPhone Xの最大の特徴のひとつ、ホームボタンを廃止したベゼルレスの有機EL(OLED)ディスプレイが、本体の縁ギリギリまで配置されていることがわかります。
 
iPhone X 内部 分解 コンセプト Martin Hajek
 
本体背面には、ワイヤレス充電用のコイルが搭載されています。
 
iPhone X 内部 分解 コンセプト Martin Hajek
 
iPhone Xのバッテリー容量は、中国の認証機関に登録された情報から、iPhone8 Plusより多い2,716mAhではないか、とみられています。
 
iPhone X 内部 分解 コンセプト Martin Hajek
 
顔認証に使われるTrueDepthカメラシステムは、センサー類を高密度に搭載するためか歩留まりが低く、iPhone Xの品薄の原因と指摘されています
 
iPhone X 内部 分解 コンセプト Martin Hajek
 
iPhone8/8 Plusにも搭載されている、iPhone Xの心臓部A11 Bionicプロセッサは、MacBook Pro並みの高い処理能力を持つとされています。
 
iPhone X 内部 分解 コンセプト Martin Hajek
 
縦に並んだデュアルカメラは、高い撮影能力に加えて、拡張現実(AR)に最適化されています。
 
iPhone X 内部 分解 コンセプト Martin Hajek

2018年前半までの品薄が予測されるiPhone X

iPhone Xは、度重なる設計変更や部品の供給不足、Appleの品質へのこだわりもあり、発売後しばらくは品薄が続くことが確実視されています。
 
関連情報に詳しいKGI証券のミンチー・クオ氏は、iPhone Xの発売時点での需要は5,000万台に達し、品薄は2018年前半まで続く、と予測しています。
 
マーティン・ハジェク氏のWebサイトには、これ以外にも多数の画像が投稿されていますので、ご興味のある方はご覧ください。

 
 
Source:Martin Hajek
(hato)

 
 

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる