トップページ > 最新情報 > 中国、国家安全脅かすとして「ポケモンGO」含むARゲーム禁止か
2017年1月11日 10時55分

読了まで 150

中国、国家安全脅かすとして「ポケモンGO」含むARゲーム禁止か

Pokémon GO
 
2016年に世界中で一大ブームを巻き起こしたスマートフォンゲーム「ポケモンGO」ですが、人気が一段落した現在でも中国本土ではリリースされていません。
 
それどころか、ポケモンGOを含むすべての拡張現実(AR)ゲームが、中国本土ではプレイできない可能性が浮上しています。

「セキュリティリスクの検証必要」

Reutersによると、中国の監督機関はポケモンGOの潜在的なセキュリティリスクが検証されるまでは、公開を許可することはできないと述べた模様です。
 
御存知のとおりポケモンGOでは、プレイヤーは実際にあちこちを歩き回り、スマホで「ポケモン」を捕まえます。
 
そのため、ポケモンGOにはユーザーが歩くことを促すといった健康面での利点がある一方で、殺人事件、強盗事件、車を運転しながらプレイしたことによる死亡事故、といった深刻な問題も多数報告されています。

イランは国内での使用を全面禁止

監督機関は今後、他の政府機関やメディアと協力し、「地理的な情報や輸送、消費者の安全」が脅かされないかどうかの検証を行なうとしています。中国企業が開発しているARや位置情報を使った同様のゲームも検証の対象となる模様です。
 
国家レベルでポケモンGOを禁止するのは中国が初めてではありません。イランはポケモンGOブームの真っ只中に、国家安全保障上の懸念があるとして、国内でのアプリの使用を全面的に禁止しています。
 
ポケモンGOはGoogleマップなどのGoogleのサービスを利用していますが、これらは中国では使うことができません。
 
 
Source:Reuters
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる