トップページ > iPad Pro > iPad Pro 2に10~10.5インチモデル追加説、有力アナリストが再び発表!

読了まで 225

iPad Pro 2に10~10.5インチモデル追加説、有力アナリストが再び発表!

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPad Pro 2 コンセプト
 
今年春の発売が予測されるiPadシリーズは3サイズで、10~10.5インチモデルが追加される、との予測を、Apple関係の情報で定評のあるKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が投資家向けレポートで明らかにしました。

10~10.5インチモデルのiPad Pro2が登場か

クオ氏によると、2017年に発表されるiPadシリーズは以下の3モデルになるだろう、とのことです。
 

  • 12.9インチのiPad Pro 2:現行の12.9インチiPad Proの性能向上版
  • 10~10.5インチモデル:画面縁のベゼルが細い、上級モデル
  • 9.7インチモデル:低価格帯モデル

 
このうち、12.9インチと10~10.5インチのモデルには、台湾TSMC製のA10Xプロセッサ、低価格の9.7インチモデルにはSamsung LSI製のA9プロセッサがそれぞれ搭載されるだろう、とのことです。
 
搭載されるプロセッサから、12.9インチと10~10.5インチがiPad Pro 2になる、と考えて良さそうです。

iPhone8も同様のデザイン方針を採用か

クオ氏は、昨年8月にも「2017年に10.5インチ、12.9インチ、9.7インチのiPad Proが出る」との予測を発表していたほか、11月にはBarclaysのアナリストも「本体サイズが同じままベゼルが薄くなり画面が10.5インチになったiPadが発売される」、との予測を発表しています。
 
なお、本体サイズを維持してベゼルを極限まで薄くして大画面化する、というデザイン方針は、2017年に発売が予測される「iPhone8」にも採用されるのではないか、と予測されています。

新サイズは企業向けに売れ、低価格モデルがiPadシリーズの過半数占める

クオ氏は、新たに投入される10~10.5インチモデルは企業向けと新モデルを好む顧客層に売れる一方、低価格帯の9.7インチモデルの出荷台数がiPadシリーズの50~60%を占めるだろう、と予測しています。
 
同氏は、iPadの2017年の年間出荷台数は3,500万台~3,700万台で、2016年と比較して約10%の減少と予測しています。しかし、対前年比20%の落ち込みを記録した2016年よりも下落は緩やかになり、「最悪の時は脱した」と述べています。

A10Xプロセッサ担当と噂のTSMC「製造は完全に軌道に乗っている」

なお、TSMCが製造を担当するとみられている10nmプロセスのA10Xプロセッサについては、製造上の問題で次世代iPadの出荷時期に影響が出るのではないか、との噂がありました。しかし同社は先日、「10nmプロセスの製造は完全に軌道に乗っている」と噂を否定、順調をアピールしていました。

 
 
Source:MacRumors
Photo:YouTube
(hato)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone8/Plus/Xの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone X・8/8 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : iPad Pro, 最新情報  タグ : , , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる