トップページ > iPad Pro > 次世代iPadは2017年3月発売で変更なし?TSMCがA10X製造上の問題を否定!
2016年12月30日 09時00分

読了まで 152

次世代iPadは2017年3月発売で変更なし?TSMCがA10X製造上の問題を否定!

iPad Pro 2 コンセプト

 

2017年3月発売の次世代iPad Proに搭載が見込まれる、10nmプロセスのA10Xプロセッサの歩留まり率が悪いため、iPadの発売時期が遅れるとの報道を、TSMCが完全否定した、とEE Timesが報じています。

10nmプロセスでの歩留まり問題を否定

TSMCは10nmプロセスでの製造は「完全に軌道に乗っている」と順調であることを強調し、10nmプロセス製品は2017年第1四半期の売上高に貢献する、との見解を示しています。
 
これは、10nmプロセスのA10Xプロセッサの歩留まり率が伸びないために次世代iPad Proの発売時期が遅れる、との最近の報道を否定することを意味します。

TSMC「2017年中に業界の主役は10nmに移行」

TSMCは、半導体業界の主流は2017年中に16nmプロセス(iPhone7のA10プロセッサが相当)から10nmに移行するとの考えを明らかにしています。同社は、2017年中に7nmプロセス、2019年には5nmプロセスでの製造を開始する計画です。
 
同社は約1兆8,000億円を投じて次世代半導体工場を建設、2022年には製造を開始すると報じられています。

次世代iPadはA10より20%高性能のA10X搭載、薄型ベゼルで大画面化

2017年3月に発売されると噂の次世代iPadに搭載されるA10Xプロセッサは、iPhone7/7 PlusのA10プロセッサより約20%高性能化するようだ、と報じられています。
 
また、次世代iPadは、画面縁のベゼルが薄くなり本体サイズを維持しつつ大画面化する、と予測されています。

 
 
Source:EE Times
Photo:YouTube
(hato)

カテゴリ : iPad Pro, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる