トップページ > 最新情報 > iPhone製造最大手のFoxconn、すでに工場の完全自動化を達成していた!

読了まで 240

iPhone製造最大手のFoxconn、すでに工場の完全自動化を達成していた!

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

Foxconn ロボット

 
Apple最大のサプライヤーであるFoxconnが、工場従業員を完全にロボットに置き換える計画を進めており、一部工場はすでに完全自動化を達成している、と台湾メディアDigiTimesが報じています。

すでに完全自動化工場で製造を行うFoxconn

Foxconnの自動化技術開発部門の責任者、ダイ・ジャーペン氏がDigiTimesに、製造ラインの完全自動化について語りました。
 
同社の製造自動化は4段階に分けて考えられています。
 

  • 第1段階:人間が担当するには危険、あるいは人間がやりたがらない作業の機械化
  • 第2段階:製造ライン全体の自動化に向けたロボットの導入
  • 第3段階:工場全体が自動化され、最低限の従業員だけが配置される
  • 第4段階:製造ラインの完全な自動化

 
ダイ氏によると、中国の成都、深セン、鄭州にある工場は、すでに第2段階から第3段階の自動化を達成しているそうです。
 
Foxconn 工場
 
さらに、オールインワン型PCや液晶モニターなどを製造する10の工場が、すでに製造の完全自動化を達成しているとダイ氏は明かしています。
 
ダイ氏によると、Foxconnは「Foxbot」と呼ばれる自社開発の製造用ロボット40,000台を配備済みで、さらに年間10,000台のFoxbotを製造可能とのことです。ただし、初期のFoxbotは、柔軟に事態に対処可能な人間に取って替わるほどの能力がないそうです。

Foxconnには良いことづくめ、一方で数万人が失業し地域経済崩壊の可能性

Foxconnにとって、製造の自動化推進は、製造効率の向上、人件費の削減、人的ミスがなくなり不良品率低下、労働問題の回避など、企業としては良いことづくめです。
 
一方で、製造の完全自動化は数万人単位の工場従業員が職を失うことを意味しており、とくに「iPhoneの街」の別名を持つ鄭州のように、Foxconnの工場で経済が成立しているような地域は壊滅的な打撃を受ける可能性もあります。

アメリカでのiPhone製造と工場の完全自動化は無関係?

Foxconnは、ドナルド・トランプ次期大統領からAppleへの強い要請を受けてアメリカでの製造を検討しているとみられるほか、ソフトバンクの孫正義社長がトランプ次期大統領との会談時にアピールしたアメリカでの投資と雇用創出には、Foxconnも参画している模様です。
 

しかし、Foxconnを率いるテリー・ゴウ最高経営責任者(CEO)が、トランプ次期大統領にあてた公開書簡で「私が中国で製造しているのは、安上がりだからではない。すぐ近くに私の工場がたくさんあり、最盛期には100万人を雇用している」と述べているように、中国での製造には、部品メーカーなどが近くにあることによるメリットがあります。
 
なお、他サプライヤーはアメリカでの製造は計画しておらず、Foxconnに追随する意思はないと報じられています。
 
ただ、トランプ次期大統領を挑発するようなゴウCEOの公開書簡の調子からは、「頼まれたからアメリカにiPhone製造工場を作ったが、完全自動化されていて雇用を生まなかった」という壮大なブラックジョークを仕掛けるかもしれない、という気すらしてきます。

 
 
Source:DigiTimes
Photo:Foxconn
(hato)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone8/Plus/Xの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone X・8/8 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる