トップページ > 最新情報 > 中国サプライヤーら、米国へのiPhone製造拠点移転は「ない」
2016年12月30日 17時20分

読了まで 155

中国サプライヤーら、米国へのiPhone製造拠点移転は「ない」

Foxconn
 
ドナルド・トランプ次期大統領の強力なプッシュもあり、Appleが主要サプライヤーであるFoxconnに、米国でのiPhone製造を促していると伝えられています。
 
しかしほかの中国サプライヤーは、AppleやFoxconnに追随する意志はないようです。

米国で製造する計画はない

中国の大手ITサービスQQによると、iPhoneサプライヤーの多くは、Foxconnが米国にiPhone製造拠点を構えたとしても、米国で製造する計画はない、と述べているようです。
 
たとえばiPhone向けにタッチスクリーンを提供するLens Technology(藍思科技)は、iPhoneの需要によって大きく変動する製造スケジュールを受け入れる労働者が米国では見つかりにくいこと、また給与も高くなることを理由として挙げています。
 
また社名は明らかにされていませんが、他の部品サプライヤーも、米国には完全なサプライチェーンが存在しないため、製造プロセスにもっと時間がかかると述べています。深センでは約10日で完了する金属部品の成形が、米国では1ヵ月以上かかるというのがそのサプライヤーの見立てです。

コストそして人材の問題

Appleは今年6月、Foxconnに対し、iPhoneの米国生産を打診したと伝えられています。またFoxconnのテリー・ゴウ最高経営責任者(CEO)は、米国で製造しろといわれればいくらでも製造するが、その分のコストは消費者が負担することになるという、トランプ氏に宛てた皮肉たっぷりな手紙を公開しました。
 
またティム・クックCEOも2015年12月に、コストの問題だけでなく、米国内ではiPhoneの製造に必要な高いスキルを持った人材が確保できない、と語っています。
 
 
Source:AppleInsider
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる