2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Spotify、使用データ量は?Apple Music、LINE MUSICと比較!

    Spotify、Apple Music、LINE MUSIC

    Spotify、Apple Music、LINE MUSIC
     
    世界最大の音楽配信サービスSpotifyが日本で一般公開されました。Spotifyをモバイルデータ通信で使った場合のデータ通信量がどの程度なのか計測し、主要3サービスで比較してみました。

    Spotify、Apple Music、LINE MUSICのデータ量を比較!

    Spotifyは、9月29日に日本で招待制でサービスを開始し、11月10日に一般公開され、誰でも利用可能となりました。
     
    外出先で、iPhoneで音楽を聴く時の魅力的な選択肢が増えたわけですが、データ通信量がどの程度なのか、気になっては音楽も思いきり楽しめません。
     
    そこで、主要3サービスのデータ通信量を比較してみました。
     
    比較したのは、以下の3サービスです。
     

     

    比較はソフトバンクのiPhone7 Plusを使い、LTE通信で各サービスで音楽を10分間再生し、iPhoneの設定アプリから「モバイルデータ通信」で計測する、という簡単な方法で行っています。
     
    なお、再生される楽曲が異なり、楽曲によりデータ量も異なるはずなので、あくまでも参考としてご覧ください。

    データ通信量最多はApple Music

    計測結果は、以下のようになりました。

     

    サービス名 10分間のデータ量
    Spotify 14.5MB
    Apple Music 16.7MB
    LINE MUSIC 11.9MB

     
    データ通信量が最大となったのはApple Music、次いでSpotify、LINE MUSICの順となりました。
     
    これをもとに、1GB(1024MB)のデータ通信量で聴ける時間を計算してみます。
     

    サービス名 1GBあたりの再生可能時間
    Spotify 約706分
    Apple Music 約613分
    LINE MUSIC 約861分

     
    どのサービスも、1GBで10時間以上聴けることになります。通勤などで毎日1時間程度聴いた場合のデータ通信量は、およそ3GB程度となる計算です。もちろん、他のアプリでのデータ通信が発生すればこの結果は変動します。
     
    今年9月、大手キャリア各社が、ソフトバンクは「ギガモンスター」、ドコモは「ウルトラパック」、auは「スーパーデジラ」と大容量の割安データ通信プランを提供しています。
     
    Spotifyの一般開放をきっかけに音楽配信サービスを使おうという方は、これらの料金プランを検討してもいいかもしれません。
     
     
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次