トップページ > iPhoneの使い方 > iPhoneでできること > 【使い方】普段使っているアラームをもっと使いやすくする方法
2021年12月28日 17時37分

読了まで 235

【使い方】普段使っているアラームをもっと使いやすくする方法

アラームの基本的な使い方とその他の便利な機能について知りたい

A.

アラームでは各アラームに名前を付けて曜日を繰り返し設定にしたり、ヘルスケアと連携させて健康状態を管理しながらアラーム設定をすることが可能です。
 
ここではアラームの基本的な使い方とその他の便利な機能についてご紹介します。

基本的な使い方と便利な機能

1
基本的な設定方法

  • アラーム画面の「+」アイコンをタップ→「時間」でアラーム時刻を設定→その他サウンド、曜日を指定する繰り返しなどを設定する場合はタップして選択→「保存」でアラームを設定することができます
  •  

  • 【Tips】iPhoneでアラームを設定する方法
  •  
     

  • iOS15アップデート後、時刻の入力方法においてドラムロール式が復活しましたが、アラームの編集画面で時刻をタップするとキーボード式にも切り替えられるようになりました
  •  

  • 【iOS15】ドラムロール方式が復活!アラーム時間の入力方法
  •  
     

  • 「設定」→「サウンドと触覚」→「着信と通知音」の音量をスライドして音量調整を行います。「ボタンで変更」のトグルをオンにするとiPhoneの左のサイドボタンでも音量調整ができます
  •  

  • 【Tips】iPhoneでアラームや通知音の音量を変更する方法
  •  
     

    2
    アラームに名前を付ける方法

  • 「アラーム」→「編集」→名前を付けるアラームをタップ→「ラベル」→名前を入力し「戻る」→「保存」することでアラームに名前を付けることができます
  •  

  • 【Tips】iPhoneのアラームに名前をつけて整理する方法
  •  
     

    3
    Siriを起動してアラームを設定する方法

  • “Hey Siri”とSiriを起動し「○時に起きる」や「アラーム○時」など短い言葉でアラームが設定可能です。また「アラームを全部オフ」で全部オフにすることもできます
  •  

  • 【Tips】iPhoneのアラームセットはSiriを使うのが最短!
  •  
     

    4
    ヘルスケアアプリと連携させる方法

  • 「設定」→「集中モード」→「睡眠」から睡眠時間を記録できるヘルスケアアプリと連動し、アラームの詳細設定をすることができます
  •  

  • 【iOS15】「睡眠」集中モードをアラームやヘルスケアアプリと連動して設定する
  •  
     
    (ryou)
     
     

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる