トップページ > iPhoneの使い方 > iOS12新機能 > 【iOS12新機能】SiriにWebサイトのIDやパスワードを尋ねることが可能に
2018年10月16日 11時37分

読了まで 220

【iOS12新機能】SiriにWebサイトのIDやパスワードを尋ねることが可能に

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

Siriにパスワードを聞く
 
iOS12で追加されたSiriの新機能といえば、Siriショートカットが思い浮かぶ人も多いかと思います。しかし、Siriショートカット以外にも、iOS12からSiriで利用可能になった機能がいくつか存在します。
 
そのうちの1つが、SiriにIDやパスワードを尋ねることができるようになったことです。今回は、Siriを使ってWebサイトのパスワードを表示する方法を解説します。

SiriにIDやパスワードを尋ねる方法

サイトごとにIDを変えている場合や、複雑で強力なパスワードを設定している場合、他のデバイスでパスワードを入力したくても思い出せない、というケースが起こり得ます。そういったときに便利なのが、Siriにパスワードを尋ねる機能です。
 

1
ホームボタン長押しでSiriを起動
Siriにパスワードを聞く

 

2
「◯◯のパスワード」と聞く
Siriにパスワードを聞く

  • ◯◯のところには、サイト名が入ります。「クックパッドのパスワード」等、サービス名やサイト名をいれてください
  •  

    3
    Touch IDでロックを解除
    Siriにパスワードを聞く

  • Face IDを利用している場合はFace IDで解除します
  • パスコードだけ設定している場合はパスコードの入力を求められます
  •  

    4
    パスワードマネージャーを確認
    Siriにパスワードを聞く

  • ◯◯に該当するサイトのパスワードが開きます
  • ◯◯に該当するサイトが見つからない場合は、見つからないと表示されます
  •  
    以上の手順で、パスワードが表示されました。

    iOS12ではパスワード関連の機能が大幅に強化

    SiriがIDとパスワードを表示してくれるようになっただけでなく、他にもパスワード関連の機能が強化されています。
     
    例えばAirDropを使ったパスワードの共有や、より強力なパスワードの自動生成機能などが実装されました。
     
    これらはパスワードの扱いを便利に、しかしセキュリティを強固にするためのものです。
     
    複数のWebサイトで同じパスワードを利用している場合も、変更を促してくれるようになり、複雑なパスワードを生成する機能とあわせて使うことで、より安全なサービスの利用が可能になります。
     
     

     

    Twitter

    Twitter

    pocket

    Pocket

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる