トップページ > 最新情報 > Apple Watch、ドイツの80歳女性の転倒を検出して救助を要請
2019年4月15日 23時56分

読了まで 153

Apple Watch、ドイツの80歳女性の転倒を検出して救助を要請

Twitter

Twitter

pocket

Pocket


 
Apple Watch Series 4が搭載する転倒検出機能が、80歳の女性の転倒を検出、救助を要請していたことがわかりました。ドイツ・ミュンヘンの消防署が報告しています。

ドイツの緊急通報サービスに電話

ミュンヘン消防署によると、女性が自分のアパート内で転倒したのを、彼女が着用していたApple Watchが検出、「112」(日本の119)に通報。Apple Watchはコントロールセンターの通信指令係に、着用者が転倒したという音声メッセージを伝えるとともに、転倒が発生した場所を知らせました。
 
救急車がアパートに到着すると、ドアには鍵がかかった状態で、女性は動けず解錠することができません。すぐに消防署に支援を要請、ドアをこじ開けました。
 
Apple Watchは112に通報しただけでなく、緊急番号として登録されていた彼女の息子にも通知していました。
 
幸い女性にケガはなく、救急隊員が異常のないことを確認したあとは、駆けつけた息子が世話を引き継いだとのことです。
 
今回はそれほど深刻な事態ではありませんでしたが、2月のノルウェーの男性のように、転倒検出機能のおかげで命を救われたケースもあります。

65歳以上だと自動でオンに

Apple Watchの転倒検出機能は、Healthアプリ設定の際に65歳以上だと入力すると、自動的にオンになります。逆に65歳未満の場合はデフォルトでオフ設定となっています。
 
Appleはサポートページにおいて、Apple Watch Series 4の転倒検出機能について詳しく説明しています。

 
 
Source:Press Portal via 9to5Mac,Apple
(lunatic)

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる