トップページ > 最新情報 > iTunesを使ってiPhoneのバックアップを保存する

読了まで 53

iTunesを使ってiPhoneのバックアップを保存する

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

iPhoneのバックアップをiTunesでとりたい

A.

iPhoneのデータのバックアップ方法は、Appleが提供するクラウドサービス「iCloud」を使う方法と、パソコンにインストールした音楽管理ソフト「iTunes」を使う方法があります。それぞれでバックアップ方法やバックアップ項目が異なりますので、自分に合った方法を選択しましょう。

 
ポイント:iCloudとiTunesではバックアップ方法が異なる
ポイント:バックアップを暗号化して保存しよう
iTunesでバックアップをとる
 

ポイント:iCloudとiTunesではバックアップ方法が異なる

iPhoneのデータは、iCloudまたはiTunesを使ってバックアップを保存できます。しかしそれぞれバックアップ方法や、バックアップを保存しておく場所が異なります。
 

iTunes iCloud
バックアップ
保存場所
Mac または
Windowsパソコン
Apple運営の
クラウド上
バックアップ
できる
データ容量
Mac/Windowsパソコンのストレージ空き容量で変わる 最大2TB
(最初5GBは無料、以降は追加で購入する)
バックアップ
保存形式
標準では暗号化なし
暗号化する設定も可能
常に暗号化される
バックアップ
手段
Mac/Windowsパソコンと接続できれば、バックアップの作成・使用が可能 Wi-Fiが使えるならば、どこでもバックアップの作成・使用が可能

 
iCloudおよびiTunesでバックアップできるコンテンツやデータ、設定は以下の通りです。
 

iCloud

 
iCloudでは、端末に保存されているほぼすべてのデータと設定情報がバックアップできます。ただし、パソコンで取り込んだCDの音楽データなどはバックアップ対象外のため、パソコンで直接管理する必要があります。
 
・音楽、映画、テレビ番組、アプリケーション、ブックの購入履歴
・iOS デバイスの写真とビデオ
・デバイス設定
・Appデータ ※1
・ホーム画面とAppの配置
・iMessage、テキスト(SMS)、MMSメッセージ
・着信音
・Visual Voicemailのパスワード
・ヘルスケアデータ
・HomeKitの構成
・iTunes in the Cloud および App Store のコンテンツ ※2
 
※1…バックアップできるAppデータは、iCloudに対応しているものに限ります。設定>iCloud>書類とデータで表示されていないアプリのデータは保存されないので注意してください。
※2…既に購入済みのコンテンツに関しては、iTunes Store、App Store、iBook Storeで取り扱い継続中であれば、タップして再ダウンロードできます。
 

iTunes

 
iTunesバックアップでは、端末のほぼすべてのデータと設定情報がバックアップ可能です。
 
・カメラロールの写真と動画
・連絡先
・カレンダー、Safari、マップ、メモ、メールアカウント、通話履歴、メッセージ、ボイスメモなどのAppデータ
・ネットワーク設定
・iTunes StoreやApp Storeから入手したもの、iBooksに直接ダウンロードしたPDF ※3
・アクティビティ、ヘルスケア、キーチェーンのデータ ※4
・App Storeで購入したAppデータ
・Appの設定、環境設定、書類などのデータ
・App内で購入したもの
・ホーム画面とAppの配置   など
 
※3…iTunesで「購入した項目を転送」を使うとバックアップ可能です。
※4…iTunesでバックアップを暗号化すればバックアップ可能です。
 

 

ポイント:バックアップを暗号化して保存しよう

iCloudで保存したバックアップは常に暗号化されますが、iTunesの場合は標準設定だと暗号化されず、暗号化するよう設定する必要があります。暗号化することで、通常ではバックアップできないデータもバックアップできるようになります。
 
暗号化することでバックアップできるようになるのは、以下の情報です。
 
・保存したパスワード
・Wi-Fi設定
・Webサイトの履歴
・ヘルスケアデータ
・一部のアプリのデータ(LINEのトーク履歴など)
 
暗号化するとバックアップに少し時間がかかり、またバックアップデータから復元する際に専用のパスワードが必要となります。この専用のパスワードは、暗号化の解除にも利用します。
 
このパスワードを忘れてしまうと、バックアップを復元できなくなってしまうほか、iPhoneのデータを消去して新しいデバイスとして設定するしか、バックアップの暗号化を解除する方法がないため、注意が必要です。
 
もし暗号化されたバックアップをとったあと、バックアップのパスワードを忘れてしまった際、iPhoneのデータの消去をしたくない場合は、回避策としてiCloudバックアップでバックアップを作成・復元しましょう。

 

 

iTunesでバックアップをとる

かんたんステップ

5ステップ
約15分~
  • STEP1

    パソコンで「iTunes」を起動する

  • STEP2

    iPhoneとパソコンを接続する

  • STEP3

    iPhoneの情報画面を表示する

  • STEP4

    バックアップを暗号化する(初回のみ)

  • STEP5

    バックアップをとる

1
iTunesを起動し、iPhoneとパソコンを接続する
  • MacまたはWindowsパソコンで、音楽管理ソフト「iTunes」を起動します
  • 「iTunes」はAppleが提供する無料ソフトです。Appleの公式サイトからダウンロードできます。詳しいインストール方法などは関連記事をご参照ください
  •  

  • USBケーブルでの有線接続、またはWi-Fiでのワイヤレス接続を利用して、iPhoneとパソコンを接続します。接続したiPhoneが認識されると、iTunesの左上にiPhoneマークとして表示されます
  • iPhoneの説明書 iTunes

     

  • iPhoneのパスコードの入力を求められたり、「このコンピュータを信頼しますか?」というようなメッセージが表示されたら、案内に従ってクリックします
  • iPhoneの説明書 iTunes

     

    2
    バックアップを行う
  • iPhoneマークをクリックすると、接続したiPhoneの情報が確認できる画面が表示されます
  • iPhoneの説明書 iTunes

     

  • 「概要」をクリックし、右側に表示された詳細情報で、「バックアップ」の項目を確認します。パソコンにバックアップデータを保存するため、「このコンピュータ」の◯をクリックしましょう
  • 暗号化する場合は、「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックをいれます
  • iPhoneの説明書 iTunes

     

  • 初めて暗号化する場合は、暗号化用のパスワードを設定します。設定したパスワードは忘れないよう、メモしておくか、安全な場所に保管しましょう
  • パスワードを入力し、「パスワードを設定」をクリックすると、そのままバックアップの作成が開始します。完了するまで待ちましょう
  • iPhoneの説明書 iTunes

     

  • 暗号化して2回目以降、または暗号化しない場合は、「手動でバックアップ/復元」の項目から、「今すぐバックアップ」をクリックします
  • バックアップの作成にかかる時間は、iPhoneのデータ容量によって異なります
  • iPhoneの説明書 iTunes

     

    iPhoneの説明書 iTunes

     

  • バックアップが作成・更新されると、「最新のバックアップ」の項目の、このコンピュータの日時が更新されます
  • iPhoneの説明書 iTunes

     

     

    --PR--

    [公式] - 新発売 iPhoneXS/XS Max/XRの予約はオンラインで確実に!


    → ソフトバンクオンラインショップ


    → auオンラインショップ


    → ドコモオンラインショップ

    いつもシェアありがとうございます
    Twitter

    Twitter

    pocket

    Pocket

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる