トップページ > iPhoneの使い方 > そのほかの標準アプリ > 「Wallet」アプリの基本的な使い方、対応アプリを見つける方法
2017年3月1日 00時00分

読了まで 226

「Wallet」アプリの基本的な使い方、対応アプリを見つける方法

「Wallet」アプリの使い方を知りたい

A.

iPhoneの標準アプリのひとつ「Wallet」は、Appleの決済サービス「Apple Pay」を利用する以外に、飛行機の搭乗券や映画館の入場券、クーポン、ポイントカードなどのカード・パス類をまとめて管理できるアプリです。
 
「Wallet」内のパスを使って、搭乗手続きを行ったり、映画館に入場したり、クーポンの使用ができます。対応アプリは、App StoreやiTunes Storeで検索できますが、国・地域によってサポートしているカード、パスが異なります。

 
「Wallet」アプリの使い方
「Wallet」対応アプリを探す
Apple Payを利用する
 

「Wallet」アプリの使い方

iPhoneの説明書 Wallet

  • ホーム画面から「Wallet」アプリを起動すると、このような画面が表示されます。「Apple Pay」と「パス」それぞれにカードを追加して管理します
  • Apple Payのカードを追加する
  •  

    iPhoneの説明書 Wallet

  • Apple Payの「カードを追加」をタップすると、Apple IDにサインインしたのち、クレジットカード、プリペイドカード、デビットカードの登録ができます
  • Apple Payのサービス提供状況は国・地域によって異なります。またカードによっては対応していない場合があります
  •  

    iPhoneの説明書 Wallet

  • パスの「コードをスキャン」をタップすると、カメラアプリが起動します。コードを読み取ると、「Wallet」内にパスが追加されます
  • 「Wallet」対応アプリを探すには、「Wallet用のAppを検索」をタップします
  •  

     

    「Wallet」対応アプリを探す

    iPhoneの説明書 Wallet

  • 「Wallet用のAppを検索」をタップすると、App Storeが起動し、「Wallet対応App」のページが表示されます
  • 日本では、楽天トラベルのほか、ANAやユナイテッド航空、アメリカン航空などの航空会社のアプリが対応しています
  •  

     

    Apple Payを利用する

    Apple Payを利用するには、アプリ内の支払い、ウェブ上の支払い、交通機関での支払い、店舗での支払いなど、利用したいシーンに対応したiPhoneまたはApple Watchが必要です。そして「Wallet」に対応カードを追加し、Suicaアプリを導入する準備を経て、利用できるようになります。
     

  • Appleの決済サービス「Apple Pay」
  • Suicaアプリを導入する
  •  

     

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる