トップページ > 最新情報 > au、「2年縛り」見直しへ!契約自動更新を廃止―ドコモ、ソフトバンクも続く見通し

読了まで 157

au、「2年縛り」見直しへ!契約自動更新を廃止―ドコモ、ソフトバンクも続く見通し

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

docomo softbank au
 
KDDI(以下:au)の田中孝司社長は10日、問題となっている「2年縛り」契約を見直すつもりである考えを明らかにしました。具体的には自動更新制度の廃止が検討されています。

早ければ来年度には自動更新撤廃へ

au社長である田中孝司氏がフジサンケイビジネスアイの取材で明らかにしたところによると、同社は携帯電話購入時の2年契約が自動的に更新され、更新月意外の時期に解約すると違約金1万円を要求される、「2年縛り」を見直す方針であるとのことです。
 
これまでにも同問題は、総務省が見直しを大手キャリアに対して要求していましたが、auは自動更新制度を廃止することによってこれに対応する構えです。なお、3年目以降の契約については割引条件の変更などが検討されています。
 
ドコモやソフトバンクもこの動きに追随する見通しで、早ければ田中氏の言うとおり「来年度の出来るだけ早い時期」には、廃止実施が見込まれています。

消費者の方を向いたauの決断

「2年縛り」は、更新月以外に契約を解除すると違約金が取られるということ自体も問題ですが、毎月の通信費から2年間料金を割り引いてくれる「月月割」「月々サポート」「毎月割」などの終了月と、2年間の契約更新月とが1ヶ月ずれる仕様に、あえてキャリアがしていることも事態の悪化に拍車をかけていました。
 
さらには「パケット定額プラン」も日割り計算されないとあって、結局どのタイミングで契約を変更・解除すればいいのかが分からないまま、気がつけば更新月を過ぎてしまい、高い違約金を取られて退出する羽目になったというユーザーは多いのではないでしょうか。
 
それだけに消費者の方を向いたauの新たな決断は、素直に朗報と言えるでしょう。契約内容の明瞭化とともに今後も一層改革を推し進めていって欲しいものです。
 
 
Source:Sankei Biz
(kihachi)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top