AppleのWebサイトの一部がリニューアル。ドロップダウンメニューに変更

    Apple Webサイト

    Apple Webサイト
     
    Appleは、同社のWebサイトの画面上部に表示されるメニューバーのデザインを変更しました。デザイン変更は、iOS版だけでなくブラウザ版にも適用されています。これにより、上部のメニューバーに表示されている各カテゴリにマウスオーバーすると、そのカテゴリの製品の詳細へのクイックリンクを含むドロップダウンメニューが新たに表示されるようになりました。

    上部メニューバーのデザインを変更

    これまでAppleのWebサイトのナビゲーションバーは静的で、ドロップダウンメニューのようなものは用意されていませんでした。例えば、上部のメニューバーの「Mac」をクリックすると別のMac専用ページに移動し、そのページには現在利用できる様々なデバイスを表すアイコンが表示されていました。
     
    リニューアルされたiOS版Webページでは、「Mac」をタップすると、ブラウザ版Webページでは「Mac」にマウスオーバーするだけで、別ページに移動することなく、テキストのみの製品名と関連する詳細情報がドロップダウン表示されます。
     
    なお、これまでiOS版ではナビゲーションバーが画面の左上に設置されていましたが、今回のリニューアルで画面右上に変更されています。
     

    新旧Webページの使い勝手について

    旧Webページではドロップダウンメニューがなかったため、見たい製品ページに辿り着くまでに何度もクリックする必要があり、筆者も使いずらさを毎回実感していました。今回、大幅なデザイン変更がされたわけでなく、ドロップダウンメニューに変更されただけですが、使い勝手についてはかなり向上しています。ドロップダウンメニューに表示される製品の文字も大きく見やすいサイズで、製品が非常に探しやすいです。
     
    これまで、Appleの旧Webページにストレスを感じていた方は、今回リニューアルされたことで、新しいWebページの使い勝手の良さを実感できるかと思います。iOS及びブラウザ版の両方がリニューアルされているので、使い勝手の違いを体験してみたい方はAppleのWebページにアクセスしてみてください。
     
    なお、Appleは近年、Apple Musicのアーティスト向けWebページ開発者アカウントのWebページもリニューアルしています。
     
     
    Source:JTechEV22/Twitter via AppleInsider,9to5Mac
    (m7000)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    本職はWebデザイナーでMacBook Airを10年以上愛用中。iPhone Maniaのライターとしては、2020年から活動開始。iPhone歴は4s→6→7→XS→12 Pro Max。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次