トップページ > iOS > iOS 9.3 beta 5では、低電力モード下で「Night Shift」が無効に

読了まで 155

iOS 9.3 beta 5では、低電力モード下で「Night Shift」が無効に

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

Night Shift 低電力モード
 
iOS9.3で追加される機能の1つに、夜間でもiOSデバイスが利用しやすくなる「Night Shift」の搭載が挙げられますが、昨日リリースされたiOS 9.3 beta 5では、低電力モード下で「Night Shift」が無効になることが判明しました。

低電力モード下では、「Night Shift」モードが利用不能に

iOS9.3で追加されることがすでに明らかになっている「Night Shift」モードは、夜間や暗い場所で利用するとディスプレイの色合いが変わり、目に優しく映るという新機能です。
 
前回のiOS 9.3 beta 4からはコントロールセンターに切り替えボタンが追加され、ますますその存在感を増していますが、残念ながらiOS 9.3 beta 5では、低電力モード下で「Night Shift」が利用不能になってしまうことが、ニュースメディア『MacRumors』の報道で明らかとなりました。
 
実際に、iOS 9.3 beta 5で低電力モードに切り替えを行うと、設定/コントロールセンターの表示は以下のようになります。
 
Night Shift 低電力モード
 
たしかに、設定/コントロールセンターの表示ともに、「Night Shift」の表示がグレーアウトしてしまっており、操作できない状況となっていることが分かります。さらに、「Night Shift」をオンにした状態で、低電力モードをオンにした場合は、低電力モードが優先され、「Night Shift」はオフになってしまうことも判明しています。
 
ダメージが想定されるシチュエーションは少ないものの、バッテリーが少ない状態の時に、暗所でiOSデバイスを触る機会の多いユーザーにとっては、やや残念なニュースになりそうです。
 
 
Source:MacRumors
(クロス)

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる