EUユーザー歓喜!Apple、ホーム画面Webアプリのサポート継続

    アプリ アイコン app store

    AppleはiOS17.4から欧州連合(EU)限定でホーム画面に設置するWebアプリを無効化する予定でしたが、多くの批判に晒されたため、その決定を撤回したことが判明しました。開発者向けのサポート資料のアップデートが行われています。

    目次

    Appleの決定に非営利組織が異論

    EUにおいてのみAppleがホーム画面のWebアプリのサポートを取りやめる予定だったのは、デジタル市場法(DMA)に準拠するため、iOSでWebKit以外のブラウザエンジンの使用を認め、Safari以外のサードパーティーブラウザをデフォルト設定できるようにする過程でセキュリティ上の脆弱性が発生するから、というのがその理由と説明されていました。

    しかしながら、この決定に関して非営利組織Open Web Advocacyは、「(Webアプリを無効化することを許せば)DMAの公正で有効なブラウザとWebアプリの競争を可能にするという目的を果たせなくなる」として異論を唱えていました。

    Appleは決定を撤回

    AppleはEUでのアプリの配布に関する開発者向けサポートページをアップデートし、以下のように記しています。

    iOSでホーム画面のWebアプリのサポートを提供し続けたいという要望を受けているため、EUでは既存のホーム画面のWebアプリ機能を提供し続けます。このサポートは、ホーム画面のWebアプリが引き続きWebKitとそのセキュリティアーキテクチャ上に直接構築され、iOS上のネイティブアプリのセキュリティおよびプライバシーモデルと一致することを意味します。

    Update on apps distributed in the European Union – Why don’t users in the EU have access to Home Screen web apps? (Apple)

    すなわち、EUでのWebアプリの継続サポートはWebKitをブラウザエンジンとして使用する場合に限られるとのことです。

    ということは、AppleはWebKit以外のブラウザエンジンで動作する、セキュリティが担保された現在存在しない新しい統合アーキテクチャを構築するつもりはないことを示しているわけです。

    理想的な状況ではないにしろ、EU圏内の開発者はひとまず胸を撫で下ろしているのではないでしょうか。

    Photo: Apple

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次