AppleのMRヘッドセットの製造コストは約1,500ドルとの分析

mr ヘッドセット

mr ヘッドセット
 
Appleは来月開催の世界開発者会議(WWDC23)において、いよいよ同社初の複合現実(MR)ヘッドセットを披露する見通しです。
 
そのMRヘッドセットの製造コストについて、「1台あたり1,500ドル以上」との分析結果が報告されています。

■3行で分かる、この記事のポイント
1. Appleは来月開催の世界開発者会議で、初の複合現実ヘッドセットを披露する見通し。
2. 製造コストについて「1台あたり1500ドル以上」との分析結果が報告された。
3. Meta Quest Proの1台あたりの利益は250ドルだという。

AppleのMRヘッドセットの部品コストはいくらなのか

オンラインメディアXR Daily Newsが複数ソースを元にまとめた、MRヘッドセットの部品コストは以下のとおりです。
 

  • チップ(2個):120〜140ドル
  • マイクロOLEDスクリーン:280〜320ドル
  • カメラ(14個):160ドル
  • オプティカル/メカニカル・レンズシステムとその組み立てコスト:70〜80ドル
  • リアビューミラー:13〜15ドル
  • 瞳孔間距離調整モジュール:30〜35ドル
  • 3Dセンサー:80〜90ドル
  • 中央部の金属フレーム:95ドル
  • 外側のパーツ:15〜20ドル
  • 外付けバッテリーパック:22〜25ドル
  • マイク:21〜22ドル
  • スピーカー:16〜18ドル
  • PCB+FPC:40〜45ドル
  • RAM+ROMストレージ:40〜45ドル
  • Wi-Fi、Bluetooth、PMIC含むその他チップセット合計:60〜70ドル
  • 冷却用モジュール:30〜40ドル
  • その他予備アクセサリー:70ドル
  • 組み立て費:110〜120ドル

 
これらの合計約1,400ドルに、輸送費などを含めると1,500ドル〜1,600ドルになるとのことです。
 
ちなみにMRヘッドセットはAppleのM2チップ、12GBのRAM、512GBのSSDを搭載、Wi-Fi 6、Bluetooth 5.3に対応すると予想されています。

Meta Quest Proの1台あたりの利益は250ドル

しかしこの一覧を見ても、ほかのヘッドセットに比べて高いのか安いのかがよくわかりません。こうしたMR、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)デバイスに詳しいブラッド・リンチ氏によると、Meta Quest Proの製造コストはAppleのMRヘッドセットの約半額であるとのことです。
 
MetaはMeta Quest Proを1,500ドルで発売しましたが、後に999ドルへと値下げしています。つまりMetaは現在1台あたり約250ドルの利益を得ていることになります。

Appleは利ざやをあきらめない企業

ではAppleのMRヘッドセットの販売価格はいくらになるのでしょうか。
 
米メディア9to5Macは「Appleは利ざやをあきらめない企業」として知られるとし、1,099ドル〜で販売されているiPhone14 Pro Maxの製造コストは約500ドル(つまり50%)であることから、MRヘッドセットの製造コストが1,500ドルなら、3,000ドルというこれまで噂されてきた金額は妥当だろうと述べています。

 
 
Source:XR Daily News via 9to5Mac
Photo:Marcus Kane/Twitter
(lunatic)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

特集

[PR]オフィシャルサイト

目次