AppleのMRヘッドセットはいつ登場?その仕様や操作性とは

    Apple ヘッドセット コンセプト COMPUTER BILD, Martin Hajek

    Apple ヘッドセット コンセプト COMPUTER BILD, Martin Hajek
     
    Appleが現在開発中で、早ければこの春発表と期待される複合現実(MR)ヘッドセットについて、Bloombergのマーク・ガーマン記者が発売時期や仕様、操作性などについて詳細に報告しています。

    早ければこの春発表

    AppleはMRヘッドセットを早ければ今春発表予定ですが、スケジュールはまだ決定しておらず、6月の世界開発者会議(WWDC23)でソフトウェア開発者向けに説明が行われた後、今年後半に発売される可能性もあるそうです。

    まず米国のみで発売、価格は3,000ドル

    MRヘッドセットの生産は早ければ2023年2月に中国で開始され、販売は当初は米国に限定される見通しです。この初代モデルは約3,000ドルになる見込みです。初年度の販売目標台数は約100万台とのことです。
     
    Appleはその後、2024年後半〜2025年前半に1,500ドル程度の廉価版MRヘッドセットの販売も予定しており、これはMetaの製品と直接競合します。

    手と視線で操作可能

    これまでの情報から、初代MRヘッドセットの名称は「Reality Pro」になるとガーマン記者は推測しています。
     
    MRヘッドセットは複数の外部カメラを通じてユーザーの手の動きを解析、また内蔵するセンサーがユーザーの視線の動きを追跡します。これにより、ユーザーはボタンやアプリアイコンなどを「見る」だけで、ボタンを押す、アプリをクリックするといった操作を行ったり、アイテムを選択したり、入力を行ったりすることができます。
     
    そして親指と人差し指でつまむ動作(ピンチ)でも、さまざまな操作が行えます。

    ARとVRをDigital Crownで切り替え

    Metaのヘッドセットと同様、AppleのMRヘッドセットも仮想現実(VR)と拡張現実(AR)の両方に対応します。VRモードではユーザーは画像やコンテンツをヘッドセット内のディスプレイ(ソニー開発)で視聴。ARモードではデジタルコンテンツが現実世界に重なって見えます。
     
    視力の弱い人がARモードを使用する時のため、Appleは度入りのカスタムレンズも提供するとのことです。
     
    VRモードとARモードの切り替えは、Apple Watchが装備するのと同じようなDigital Crownで行います。

    FaceTimeも搭載

    MRヘッドセットはAppleデバイスではおなじみのFaceTimeも搭載、FaceTimeソフトウェアがユーザーの顔や体を仮想空間でレンダリング、アバターを作成します。
     
    MRヘッドセットを装着したユーザーが互いに作成したアバター同士が、まるで同室に居合わせているかのように会話できるそうです。
     
    ガーマン記者はこのアバターについて、Metaのヘッドセットによる仮想会議室でのアニメのようなアバターとは異なる、と記しています。

    Macの外部ディスプレイとしても機能

    AppleのMRヘッドセットは、Macと接続することにより、外部ディスプレイとして機能するそうです。つまりユーザーは仮想空間上でMacのディスプレイを見つつ、Macの物理的なキーボードやマウスを操作できるということです。
     
    MRヘッドセットが搭載するOS「xrOS」(社内での呼称)では、iOSやiPadOSと同じようにSafariブラウザ、写真、メール、メッセージ、カレンダーなどのアプリも使うことができ(3D空間で)、サードパーティーアプリがインストールできるApp Store、Apple TV+、Apple MusicといったAppleのサービスも利用可能になる見通しです。
     
     
    Source:Bloomberg
    Photo:Computer Bild/Martin Hajek
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次