全Apple製品のUSB-C端子への移行時期を予想〜AirPodsやアクセサリーも

    AirPods Pro 2 USB-C AH 1200_1200

    AirPods Pro 2 USB-C AH 1200_1200
     
    Appleは今秋発売見込みのiPhone15シリーズおよびiPhone15 Proシリーズの外部接続端子を、LightningからUSB-Cに切り替えるとみられています。
     
    両製品だけではなく、Appleは今後、全ての製品の外部接続端子をLightningからUSB-Cに切り替えると噂されていますが、その時期がいつになるかについてMacworldが予想しています。

    USB-C端子に移行せず、廃番になる製品もある?

    Macworldは、多数のApple製品の外部接続端子が年内にUSB-Cに変更されると予想しています。
     
    その一方、Lightning端子のまま販売され、将来的に廃番になる製品も考えられると同メディアは記しています。
     

    iPad(第9世代)

    Appleは、USB-C端子を採用したiPad(第10世代)発売後もiPad(第9世代)を併売しています。
     
    iPad(第9世代)の外部接続端子がLightningからUSB-Cに変更されることはなく、将来的に販売終了されることで、iPadシリーズのUSB-C端子への移行が完了することが考えられるとMacworldは述べています。
     

    AirPods/AirPods充電ケース:2023年秋

    AirPodsシリーズ各モデルの充電ケースには、USB-C端子を設置するための十分な空間があるとMacworldは指摘しています。
     
    iPhone15 ProシリーズおよびiPhone15シリーズ発表時に、USB-C端子を採用するAirPodsシリーズ各モデル用充電ケースが発表されると同メディアは予想しています。
     

    Mac用アクセサリー:2023年秋

    Mac用のアクセサリーである、Magic Mouse、Magic Trackpad、Magic Mouseの外部接続端子もLightning端子のままです。
     
    これらのアクセサリーがUSB-C端子に移行するのも今秋とMacworldは予想、Appleシリコンを搭載するMac Pro発表時にUSB-C端子を採用する新しいアクセサリーが発表される可能性もあると、同メディアは述べています。
     

    EarPods:2023年9月

    USB-C端子を採用するEarPodsが量産中との噂があります。発売されるとすれば、iPhone15 ProシリーズおよびiPhone15シリーズと同時になると思われます。
     
    しかし、AppleはUSB-C端子を採用するEarPodsを発売することなく廃番にするのではないかと、Macworldは考えています。
     

    Powerbeats Pro:予定なし

    Powerbeats ProはLightning端子を採用しており、今後新色を発売することなどがあればその際にUSB-Cに移行することも考えられますが、Beats Studio Buds+発売の噂もあり、本製品自体が廃番になるとMacworldは予想しています。
     
     
    Source:Macworld
    Photo:Apple Hub/Facebook
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次