iPhone15向けか〜MFi認証USB-CケーブルとEarPodsが量産中と噂

    iPhone15 MFi USB-C

    iPhone15 MFi USB-C
    iPhone15シリーズ外部接続端子はLightningからUSB-Cに変更、高速充電および高速データ通信を利用するにはMFi認証USB-Cケーブルが必要と噂されています。
     
    そうした中、リーカーのShrimpApplePro氏(@VNchocoTaco)が、MFi認証USB-CケーブルとUSB-C端子を備えたEarPodsの量産が行われているとTwitterに投稿しました。iPhone15シリーズ発売に向けた動きと考えられます。

    ■3行で分かる、この記事のポイント
    1. iPhone15向けのMFI認証USB-CケーブルとEarPodsが量産中と噂されている。
    2. 事実だとすればイヤホン類の端子がUSB-Cへ移行していることになる。
    3. 一方ではMFi認証での制限が検討されたことはないというリーカーも。

    iPhone15シリーズへの同梱に向けアクセサリーを量産中か

    ShrimpApplePro氏(@VNchocoTaco)の投稿内容が事実であれば、MFi認証USB-Cケーブルの量産が行われているのは、iPhone15シリーズに同梱するためと予想されます。
     
    一方、USB-C端子に対応するEarPodsの製造が行われているのだとすれば、アクセサリー類の端子のUSB-Cへの移行が加速していることになります。
     
    また、それを用いない場合どの程度の制限を課すのか、もしくは課さないのかは不明ながら、MFi認証USB-Cケーブル自体が存在していると思われます。
     
    AppleはiPhone15シリーズにおいて欧州連合の規制に対応させるため、外部接続端子をUSB-C端子に変更しますが、汎用のUSB-Cケーブルでの充電は5ワットもしくは20ワットに制限され、それ以上の充電速度を得ようとする場合はMFi認証USB-Cケーブルの使用が必須になるとの噂があります。
     
    同様に、データ通信速度についても同種の制限があると予想されています。
     

    別のリーカーは、MFi認証での制限が検討されたことはないと投稿

    一方、リーカーの941氏(@analyst941)MFi認証の有無による制限が検討されたことはなく、ケーブルの種別に関わらずiPhone15とiPhone15 Plusは20ワット、iPhone15 Proシリーズ27ワットでの充電が可能になると考えています。
     
    上記のShrimpApplePro氏(@VNchocoTaco)の指摘は、941氏(@analyst941)の下記の投稿に対する自身の考えとして述べられたものです。
     


     
     
    Source:MacRumors
    Photo:Apple(米国)
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次