マイクロLED搭載Apple Watchを今年発売予定だった!?同製品開発の裏事情

    Apple Watch Ultra microLED AH_1200

    Apple Watch Ultra microLED AH_1200
     
    Appleは当初、iPhone XにマイクロLEDディスプレイを搭載するべく開発していたがそれを断念、その後も開発を続けており2024年モデルのApple Watchに搭載される見込みですが、そこまでマイクロLEDディスプレイに拘るのには深い裏事情があると、The Informationが報じています。

    Samsung Displayの影響力排除が目的?

    AppleがマイクロLEDディスプレイの開発に拘るのは、Samsung Displayの影響力を低下させるのが目的と、The Informationは述べています。
     
    iPhone Xに搭載された有機EL(OLED)ディスプレイはSamsung Displayが製造、iPhone14シリーズにおいても製造難易度の高いiPhone14 Proシリーズ用OLEDディスプレイは大多数をSamsung Displayが供給しています。
     
    品質の高い製品を量産できるからとの理由があるとは言え、結局、iPhoneシリーズ用OLEDディスプレイの価格について、どちらかといえばSamsung Displayが主導権を握っている状況です。

    マイクロLEDディスプレイの製造はSamsung Display以外が担当か

    Appleはこうした状況からの脱却を目指し、マイクロLEDディスプレイ開発への投資を続けている模様です。
     
    Apple Watchを手始めに、iPhoneや折りたたみiPad、複合現実(MR)ヘッドセット用マイクロLEDディスプレイの量産が可能になった場合、製造を担当するのはソニー、LG Display、BOEなどとみられており、これが実現すればSamsung Displayの影響力は低下します。
     
    ただし、2024年モデルのiPad Proやそれに続くOLEDディスプレイ搭載MacBook、折りたたみMacBookなどのOLEDディスプレイ供給においてはSamsung Displayに頼らざるを得ない状況が続きます。
     
    そもそも、マイクロLEDディスプレイ自体、もともとは2023年モデルのApple Watchへの搭載を計画していたようですが、それが実現するのは早くても1年遅れとみられており開発に難渋していることがうかがえます。
     
     
    Source:The Information via MacRumors
    Photo:Apple Hub/Facebook
    (FT729)
     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次