iPhone15 Proシリーズのデータ転送速度が10Gbpsと報道〜条件ありと噂

    iPhone15 10gbps iM 2

    iPhone15 10gbps iM 2
     
    iPhone15 ProとiPhone15 Pro Maxは外部接続端子をUSB-Cに変更、データ転送速度は10Gbpsに対応すると、海外メディアが報じました。
     
    このことから、両モデルのUSB-C端子はUSB 3.2 Gen2に対応する可能性があります。
     
    iPhone Maniaでは、iPhone15シリーズに関する噂をまとめ記事にて随時発信しています。今回の記事以外の情報は、下記の記事にてご確認下さい。
     
    iPhone15/15 Proシリーズはこうなる!?最新の噂まとめ

    MFi認証USB-Cケーブル利用時のデータ転送速度か

    台湾メディア工商時報が、「iPhone15 ProとiPhone15 Pro Maxは外部接続端子をUSB-Cに変更、データ転送速度は10Gbpsに対応する」と報じました。
     
    この報道から、両モデルのUSB-C端子はUSB 3.2 Gen2に対応し10Gbpsの転送速度を実現すると予想されます。
     
    ただし、そのためにはMFi認証USB-Cケーブルを用いる必要があると噂されています。
     
    MFi認証USB-Cケーブルを用いていない場合、AppleはiPhone15 ProとiPhone15 Pro Maxのデータ転送速度と充電速度をソフトウェアで制限すると、複数のソースが伝えています。
     
    MFi非認証のUSB-Cケーブルでは、USB 3.0規格による5Gbpsの転送速度でしか利用できないことが考えられます。
     
    なお、MFi認証USB-Cケーブルを用いて10Gbpsのデータ転送速度を利用可能なのはiPhone15 ProとiPhone15 Pro Maxだけで、iPhone15とiPhone15 PlusはUSB 2.0にしか対応しないと予想されています。
     
    USB specification
     
     
    Source:工商時報
    Photo:Transcend,iPhone Mania
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次