2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Samsung、自社製の衛星スマホ通信機能を発表〜Exynosチップへ搭載

    samsung S23 Ultra

    samsung S23 Ultra
     
    Samsungは現地時間23日、自社製の5G非地上系ネットワーク(NTN:Non-Terrestrial Network)モデムを発表しました。このチップにより、セルラー通信が届かないへき地でも、衛星を使ってコミュニケーションが可能となります。

    Galaxy S23には衛星機能は盛り込まず

    Samsungによれば、同社は今回発表した5G NTNモデムを同じく自社製のExynosチップへと組み込む予定とのことですが、現行フラッグシップモデルのGalaxy S23には衛星機能は搭載されないそうです。Samsungいわく、同社の衛星機能は衛星や地上、海、空にあるさまざまな移動体を使用し、へき地での接続性を確保するとのことです。
     
    AppleはiPhone14/iPhone14 ProでSamsungに先駆け衛星通信機能を展開しています。iPhoneの衛星経由の緊急SOSは、米国とカナダで先行的に導入され、その後フランス、ドイツ、アイルランド、英国でも利用可能となりました。

    ハイブリッドエコシステム構築で先駆となることを目指す

    「Samsungは、6Gの到来に備え、地上系と非地上系のハイブリッドコミュニケーションエコシステム構築において、業界をリードしたいと考えている」と、Samsungでコミュニケーションプロセッサ開発部門のバイスプレジデントを務めるキム・ミング氏はコメントしています。
     
    現在のところ、スマホの衛星通信では双方向のテキストと電話のみ(加えて位置情報)となっていますが、Samsungは将来的に画像や動画の送信も可能になると述べています。

    MediaTekも同様のチップを発表

    台湾チップメーカーMediaTekは、英Bullittと提携し、衛星接続プラットフォームを展開するとプレスリリースで発表しています。
     
    MediaTekは、2023年2月27日から3月2日までスペインのバルセロナで開催されるモバイル見本市MWCに出展し、衛星接続のデモを公開する予定です。
     
     
    Source:TechCrunch, MediaTek
    Photo:Samsung
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次